毎日の生活に役立つ情報を発信するサイト Lifeary

マイナスイオンのドライヤーは効果なし?髪の毛に良い仕組みとは?

ドライヤーはただ温風や冷風が出るだけではなく、多機能を持ち合わせた製品が数多く登場しています。

中でも、マイナスイオンを発するドライヤーは増えました。

マイナスイオンとは大気中に存在する負の電荷を帯びた分子の集合体で、ドライヤーだけではなく空気清浄機やエアコンといった電化製品にも活用されていますね。

「マイナスイオンのドライヤーは効果なし」「ドライヤーにマイナスイオンの機能はいらない」など様々な意見が出ていますので、製品選びで迷っている方は多いのではないでしょうか。

結論から言うと、ドライヤーを選ぶに当たってマイナスイオンは絶対に必要というわけではありません。

あってもなくてもさほど大きな違いはありませんが、少なからず髪の毛に良い効果を与えてくれるのは事実です。(個人的にはかなりオススメです!)

マイナスイオンのドライヤーの効果や仕組みについては、次の項目で詳しく解説していきます。

Sponcerd Link

マイナスイオンのドライヤーが髪の毛に良い仕組みはこれだ!

「なぜマイナスイオンが出るドライヤーを使った方が良いの?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

そもそもマイナスイオンドライヤーとは、空気中の水分をマイナス化させて、吹き出し口から風を送る製品を指します。

医学的な効果は期待できないものの、「髪の毛がしなやかになった気がする」「髪の毛にツヤが出た気がする」と感じている方は多いのです。

以下では、マイナスイオンのドライヤーが髪の毛に良い仕組みについてまとめてみました。

髪の毛に発生する静電気を防止してくれる

髪の毛に静電気が発生すると、ボサボサに広がったり顔にまとわりついてしまったりして大変です。

冬場の乾燥する季節は特に髪の毛がまとまりにくいため、毎朝のスタイリングで悩む方はたくさんいます。

そんな時に役立つのがマイナスイオンのドライヤーで、髪の毛に発生する静電気を防止してくれるのです。

なぜ静電気を防止する効果を持ち合わせているのか、マイナスイオンドライヤーの仕組みを簡単に見ていきましょう。

  1. 人間の髪の毛はプラスの電気を帯電しやすい特徴がある
  2. プラスとプラスの電気を持った髪の毛が反発しあうと広がりやすくなる
  3. マイナスイオンドライヤーは微粒子レベルの水分(マイナス)を髪の毛に吹きかけることができる
  4. プラスの電気を帯電した髪の毛がマイナスで中和される
  5. 静電気も中和されて髪の毛のパサつきや広がりを抑えられる

マイナスイオンのドライヤーを使うことで、小さな水分の粒子が乾燥しがちな髪の毛の内部や地肌に入り込みます。

乾燥しやすい冬場はちょっとしたことでパチパチと静電気が発生しやすいのですが、マイナスイオンのドライヤーが防いでくれているわけです。

静電気の発生を抑えてまとまりやすい髪の毛をキープしたい女性は、マイナスイオンのドライヤーを使ってみてください。

髪の毛の水分量を適切な状態にキープしながら乾かせる

「熱風が出るドライヤーは髪の毛がパサパサと乾燥するから嫌だ」と使用を控えている方は少なくありません。

ですが、マイナスイオンのドライヤーを使っていると、髪の毛の水分量を適切な状態にキープしながら乾かすことができますよ。

マイナスイオンドライヤーはマイナスイオンを持つ水分が効率良く髪の毛に吸着するため、しっとりとしたツヤを引き出してくれるメカニズムです。

「マイナスイオンのドライヤーの効果は髪の毛の水分補給」とイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。

髪の毛の水分を取りすぎずに乾かしてツヤを維持したいのであれば、マイナスイオンのドライヤーがおすすめです。

とは言え、ドライヤーの使用だけで劇的な変化は期待できませんので、髪の毛の乾燥を防ぎたい方は次の対策も同時に行いましょう。

  • 洗浄力や脱脂力の強い高級アルコール系シャンプーではなく、適度に頭皮の皮脂を残してくれるアミノ酸系シャンプーを使う
  • 髪の毛を洗った後にトリートメントやヘアオイルを使って頭皮ケアを行う
  • 髪の毛の補修効果を持つヘアパックや、潤い効果を持つヘアマスクを使ってみる
  • ビタミンやミネラルなど髪の毛に良い栄養素をバランス良く摂取して身体の内側から対策する

様々なアプローチで頭皮ケアやヘアケアを行うのは、美髪を長くキープする秘訣です。

マイナスイオン機能以外の点にも気を配ってドライヤーを選ぼう

マイナスイオンによる効果や効能は公的基準がなく、各社の判断で独自に検証しています。

髪の毛の水分を適切な状態で保ったり静電気の発生を抑えたりしてくれるのは事実ですが、この機能だけでドライヤーを選べば良いわけではありません。

他の要素でも総合的に比較してドライヤーを選ぶのがポイントですね。

ここでは、マイナスイオン機能以外にどのような点に気を配ってドライヤーを選べば良いのかいくつか挙げていきます。

  • 50℃~60℃と温度の低い風が出る(熱が高いものだと乾かし過ぎて髪の毛がパサパサになりやすい)
  • 吹き出し口から出る風量が大きい(風量が大きい製品ほど素早く髪の毛を乾かすことができる)
  • サイズや重量で比較する(コンパクトで軽い製品であれば手が疲れることなく使える)
  • コストパフォーマンスで比較する(自分にとって無理のない価格で販売されているかどうか)

温度調節機能や風量でドライヤーを比較し、プラスの要素としてマイナスイオン機能があればベストです。

ドライヤーの選び方の詳細はこちらのページでも解説していますので、一度ご覧になってみてください。

関連記事

現在では多機能なドライヤーやコンパクトなドライヤー、オシャレなドライヤーなど様々な製品が販売されています。 有名なメーカーを中心に色々なドライヤーが登場していますので、「どれを使えば良いの?」と迷ってしまいますよね。 このページ[…]

マイナスイオンドライヤーのおすすめはこれ!

マイナスイオンドライヤーはあらゆる種類の製品が販売されていますので、どれを使えば良いのか迷ってしまいますよね。

マイナスイオンの機能付きで更に高性能な製品を探している方には、テスコム コラーゲンイオンヘアードライヤーがおすすめです。

テスコム コラーゲンイオンヘアードライヤーは、髪の毛にも素肌にも極上の潤いを与えられます。

テスコム コラーゲンイオンヘアードライヤーの強みや特徴は次の3つです。

  1. 美容成分として広く知られるコラーゲンとプラチナをナノサイズミストに乗せて放出することで、保湿成分が髪の毛の潤いをキープしてくれる
  2. スキンモードに切り替えて1分間ほど肌に当てると、ドライヤーで美肌を維持するケアができる
  3. 用途に合わせて使い分けられる3種類のオリジナルのフードがついている

潤いをキープしながら髪の毛へのダメージを軽減するサポートをしてくれますので、是非一度テスコム コラーゲンイオンヘアードライヤーを使ってみてください。

マイナスイオンドライヤーでも使いすぎは厳禁!

マイナスイオンドライヤーを使うと、髪の毛の保水率がアップして潤いを与えられます。

しかし、だからといってマイナスイオンドライヤーを使いすぎるのは厳禁です。

あまりにも長い時間に渡ってドライヤーを髪の毛に当てていると、水分が蒸発してパサつきや頭皮の乾燥に繋がります。

そのため、髪の毛を洗ってお風呂から上がった後はタオルドライで水分を拭き取り、その後にドライヤーを使って温風を当てる時間を少しでも短くしましょう。

マイナスイオンのドライヤーは効果なし?髪の毛に良い仕組みとは? まとめ

マイナスイオンドライヤーの効果や髪の毛に良い仕組み、おすすめの製品についてまとめました。

髪の毛が乾燥しやすくて静電気が発生しやすい冬場には、潤いをキープする効果を持つマイナスイオンドライヤーが適しています。

サラサラ&ツヤツヤのまとまりのある髪の毛にしてくれますので、美髪を維持したい女性は是非一度マイナスイオンドライヤーを使ってみてください。

最新情報をチェックしよう!
Sponcerd Link