毎日の生活に役立つ情報を発信するサイト Lifeary

たるんだ太ももを引き締めるメリットとおすすめの方法!

たるんだ太ももやブヨブヨの太ももを見て、自分の体型にショックを受けている女性は多いのではないでしょうか。

自分の太ももとモデルさんの脚を比べてみると、「同じ女性なのに…」と嫌になりますよね。

太ももは美を求める女性が最も悩むパーツの一つです。

この記事では、たるんだ太ももを引き締めるおすすめの方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください!

Sponcerd Link

太ももが太くなる理由をまとめてみた

以下では、他のパーツとは違って太ももが太くなる理由をまとめてみました。

太ももが太くなる理由

  • 内腿(うちもも)の筋力が低下して脂肪がつきやすくなっている
  • 立ち仕事や水分の過剰摂取で脚がむくんでいる
  • 骨盤の歪みで血液やリンパの流れが悪くなって代謝が悪化している
  • O脚(膝が自然と外側に向く)やX脚(膝が自然と内側に向く)で横に広がって太く見えている

あらゆる原因で太ももは太くなってスタイルが崩れますので、美脚を目指す女性にとっては厄介なポイントです。

たるんだ太ももを引き締めるメリットはこれ!

たるんだ太ももで悩んでいる女性は、筋トレやエクササイズなどで引き締めてみましょう。

理想の美脚になるまでには時間がかかりますが、太ももをスラっと細い状態にすることはできます。

たるんだ太ももを引き締めるに当たり、どのようなメリットがあるのか要チェックです。

スキニーパンツやショートパンツを着こなせる

太ももをキュっと引き締める一番のメリットは、見た目の改善です。

ブヨっと太い太ももよりも、キュっと引き締まっていた方がスキニーパンツやショートパンツを可愛く着こなせます。

「あの人は脚がキレイだな」「モデルさんみたいだな」と思われることもあります!

スラッとした脚は脚長効果もありますので、今までは難しかったタイトなパンツやスカートも似合うようになりますよ。

ファッションの幅が広がれば、様々なコーディネートが楽しくなるのは間違いありません。

下半身太りを解消するだけでパっと見た時のイメージは変わりますので、自分の脚に自信を持てない女性は太ももの引き締めに取り組んでみるべきです。

基礎代謝の向上でダイエット効果がアップする

太ももを引き締めるトレーニングに取り組むと、全身のダイエット効果がアップするメリットがあります。

下半身痩せでスラっとした脚を手に入れられるだけではなく、上半身も痩せられるのは女性にとって何よりも嬉しいことです。

なぜ太ももの引き締めでダイエットの効果が高まるのか、詳しいメカニズムについて見ていきましょう。

太ももの引き締めによるダイエットメカニズム

  1. 運動や筋トレで太ももを鍛えてシュっとした状態に引き締める
  2. 身体の筋肉量が増えて何もせずに消費される基礎代謝がアップする
  3. 基礎代謝の向上で脂肪を燃焼してカロリーが消費しやすい体質になる
  4. 摂取カロリーが消費カロリーを上回れば少しずつ痩せられる

基礎代謝がアップすれば、女性が憧れる痩せやすく太りにくい体質になります。

そして全身の代謝が良くなれば、下半身も上半身もダイエットしやすい身体になります。

「加齢」「無理な食事制限」「運動不足」など、さまざまな原因で基礎代謝は低下してしまいます。

基礎代謝が下がれば下がるほどダイエットの効果が出にくい体質になりますので、太ももを引き締める運動やトレーニングはおすすめです。

ヒップアップ効果が期待できる

「体型の割にはお尻が大きすぎる」「自分のお尻の形に自信がない」「お尻が垂れている」といった悩みを抱えている女性はいませんか?

自分のお尻に対してコンプレックスを抱えている方には、太ももを引き締める運動やトレーニングがおすすめです。

太ももの筋肉を鍛えると、キュっと引き締まって見えるだけではなく同時にお尻もクイっと引き上がります。

太ももとお尻の筋肉は繋がっていますので、同時にヒップアップ効果も期待できるのです。

「お尻のラインがバレるからピッタリとしたパンツを履くのはちょっと…」と戸惑っている女性は多いのではないでしょうか。

でも、太ももの引き締めでヒップアップ効果を得ることができれば、自信を持ってタイトなパンツを履けるようになります。

体幹が良くなって下半身が安定する

太ももの筋肉を鍛えると、体幹も同時に鍛えられます。

体幹とは脊柱を中心に外側と内側の筋肉や腹筋、肩甲骨や股関節など人の胴体部分のことですね。

体幹を鍛えることにより、次の3つのメリットが得られます。

体幹トレーニングによる3つのメリット

  1. バランスがとりやすくなって下半身が安定する(筋肉への負担が減る)
  2. 姿勢が良くなって肩こりや腰痛の症状で悩まされにくくなる
  3. 運動のパフォーマンスが向上してスタイルが良くなる

姿勢の維持や健康にプラスに働きますので、太ももを引き締めるトレーニングに取り組むのは一石二鳥です。

女性が悩まされやすいむくみを解消できる

むくみは女性が悩まされやすい症状の一つで、「寝起きに顔がパンパンに腫れる」「夕方になると脚がゾウのようになる」という方は少なくありません。

むくみは医学的に浮腫(ふしゅ)と呼ばれる症状で、下記のように様々な原因が考えられます。

むくみの原因

  • 立ち仕事やデスクワークが原因で血流が低下して血行不良を引き起こしている
  • 偏った食生活によって塩分や食品添加物を過剰摂取している
  • 月経周期で女性ホルモンのプロゲステロンが増えている(身体に水分を溜め込みやすくなる)
  • 運動不足で代謝が低下している

体型の崩れを引き起こしますのでむくみは非常に厄介ですが、太ももの引き締めで解消可能です。

太ももを鍛えて引き締めると筋肉量がアップしますので、血行が促されます。

デトックス効果で体内の余計な老廃物や水分が排出されやすくなりますので、むくみにくい体質を手に入れられるのです。

たるんだ太ももを引き締めるおすすめの方法はこれ!

太ももの筋トレを行うと、キュっと引き締めてたるみを解消して美しいボディと健康体の両方を手に入れられます。

「太ももが太くて細身のパンツが履けない…」「下半身太りで全体的にバランスが悪く見える」という女性におすすめ。

このページでは、たるんだ太ももを引き締めるに当たって効果的な方法を紹介していきます。

ワイドスタンススクワットを行う

ワイドスタンススクワットとは、通常よりも脚幅を広くして行うスクワットです。

正しいフォームでワイドスタンススクワットを行うと、太ももにある小さな筋肉群の「恥骨筋」「大内転筋」「長内転筋」「短内転筋」「薄筋」を鍛えられますよ。

太ももの内側を引き締めながら、骨盤の歪みを整えて安定させたりO脚を改善したりといった相乗効果も期待できるます。

どうやってワイドスタンス スクワットに取り組めば良いのか見ていきましょう。

ワイドスタンス スクワット

  1. 脚幅を肩幅よりも広くして立って、かかとをやや外側に向ける
  2. 胸を張って背筋を伸ばし、手を前の方で組む
  3. スーっと息を吐きながら腰をゆっくりとおろす
  4. 限界まで下げたら少しだけキープし、素早く戻していく
  5. この動作を15回程度繰り返す

15回を1セットとして2セットが目標で、セット間には30秒間程度のインターバルを入れます。

背中が丸まって膝に余計な力を入れずに行うのがワイドスタンススクワットのポイントです。

ストレッチやエクササイズを行う

ワイドスタンス スクワットは意外と辛い筋トレですので、ストレッチやエクササイズで太ももを引き締める方法をおすすめします。

自宅で空いた時間に行える簡単なエクササイズで、キュっと引き締まった太ももを手に入れるのは不可能ではありません。

太ももの痩せ効果を実感したい女性は、次のストレッチやエクササイズを試してみましょう。

エクササイズ 手順
アダクション 床に横向きになって寝そべって上体を起こし、上側の脚を曲げてもう片方の脚に向かってゆっくりと上下させる
ニーアップ・プッシュ 仰向けの状態から片方の膝を曲げて両手を添えて押し合う動作を左右両方繰り返す
股締めホッピング 腕を胸の辺りでクロスさせてセットし、お尻の穴を引き締めるイメージで30秒間ジャンプする
リバースランジ 片方の脚を後ろにグッと大きく引き、沈み込んだら立ち上がる動作を10回~15回程度繰り返す

筋トレの後に軽くストレッチをすると、興奮状態になっている神経をリラックスさせることができます。

ジョギングやランニングを行う

太ももを引き締めるに当たり、ジョギングやランニングなどの有酸素運動も効果的です。

消費エネルギーの量が多いため、下半身痩せ効果に加えて全身のダイエットにも繋がります。

ジョギングやランニングに取り組むに当たって押さえておきたいポイントは次の3つです。

ジョギング・ランニングでの3ポイント

  1. ランニングの前にストレッチをして準備運動をする
  2. 猫背にならないように背筋を伸ばして姿勢を良くして走る
  3. 走る時に腕を上下に大きく振る

今まで運動不足だった女性は、あまり無理をしないようにしてください。

骨盤ガードルを着用する

筋トレやエクササイズだけではなく、骨盤ガードルの着用でも太ももを引き締めることができます。

女性の下半身のラインは年齢を重ねるにつれて崩れやすいのですが、骨盤ガードルがボディラインを整えるサポートをしてくれるのです。

ハイウエストタイプの骨盤ガードルを着用すれば、「骨盤」「太もも」「お腹周り」など下半身全体を引き締められます。

Dr.MediShape レギンスは、下半身全体を包み込んでくれるハイウエストタイプの骨盤ガードルです。

人間工学に基づいて骨盤の歪みをサポートする目的でDr.MediShape レギンスは作られました。

最新のテクノロジーで骨盤を360度全方位からサポートしたり返金保証制度を取り入れたりと、お客様のことを考えて作られた製品ですので、是非一度Dr.MediShape レギンスを試してみてください。

たるんだ太ももを引き締めるメリットとおすすめの方法! まとめ

ブヨブヨでたるんだ太ももを引き締めると、「スタイルが良く見える」「基礎代謝がアップする」「ヒップアップできる」など様々な効果があります。

女性が理想とするボディラインを手に入れられるのが太ももの引き締めの大きなメリットですね。

筋トレや骨盤ガードルで太もも痩せ効果が期待できますので、今の体型で悩んでいる女性は一度取り組んでみてください。

最新情報をチェックしよう!
Sponcerd Link