毎日の生活に役立つ情報を発信するサイト Lifeary

離れ乳の原因まとめ!ナイトブラの着用で解消できる?

Sponcerd Link

離れ乳とは?判断基準はあるの?

女性の中でバストの小ささだけではなく、離れ乳で悩んでいる方はいませんか?

離れ乳とはその名の通り、両方のバストの間が離れている状態を指します。

まずは離れ乳の判断基準や特徴について簡単に見ていきましょう。

離れ乳の判断基準

  • ブラジャーを着用していない状態で両方のバストを中央に寄せ切ることができない
  • ブラジャーを使わないと谷間を作ることができない
  • バストの上側の部分をふっくらとした状態に作れない
  • 実際のカップよりもバストが小さく見られやすい
  • 服を着た時の襟ぐりのデコルテラインが貧相に見える

バストのサイズが十分でも、離れ乳だとふっくらとしなかったり谷間を作れなかったりという傾向があります。

「自分は離れ乳に見えるけど実際はどうなんだろう…」という女性は、自分のバストと離れ乳の定義を照らし合わせてみてください。

離れ乳の原因をまとめてみました

離れ乳は女性が抱えるバストの問題の中でも上位にランクインします。

胸の谷間を作れなかったり実際よりもバストが小さく見られたりするのは嫌ですよね。

このページでは離れ乳になる原因を詳しく解説していますので、一度目を通しておきましょう。

Sponcerd Link

クーパー靭帯が損傷している

クーパー靭帯がダメージを受けると・・・
ルルクシェル くつろぎ育乳ブラより

女性のバストは乳腺と脂肪、2つを支えるクーパー靭帯で構成されています。

クーパー靭帯はバストを吊り上げてくれる大切な組織です。

このクーパー靭帯が損傷して伸びたり切れたりすると、バストを支えられなくなって離れ乳の原因になります。

なぜバストの内部にあるクーパー靭帯が損傷するのか、いくつかの理由を挙げてみました。

おっぱいのクーパー靭帯が損傷する理由

  • 重力や揺れなどの刺激を長期間に渡って受けている
  • 加齢による影響で皮膚の弾力性や柔軟性が低下している
  • ブラジャーの選び方が間違っていてバストの脂肪をしっかりと支えることができていない
  • 間違ったブラジャーの着用方法でバストの脂肪が揺れやすくなっている

一度伸びてしまったり切れたりしたクーパー靭帯は、基本的に元の状態に戻すことができません。

離れ乳を予防するには、常日頃からクーパー靭帯を守るバストケアが必要です。

ノーブラで過ごす時間が長い

ノーブラで過ごす時間の長い女性は、離れ乳になるリスクが高まります。

「寝ている時にブラジャーをしない方が楽だから…」という理由で、ノーブラで寝ている方は要注意!

以下では、ノーブラで寝ると離れ乳になりやすい原因を解説していきます。

ノーブラで寝てしまうと離れ乳の危険が!

  • 起きている時と同じで睡眠中もバストに重力がかかっている
  • ノーブラの状態だと背中や脇にバストの脂肪が流れやすい
  • 脂肪が中央に固定されないので、離れたり垂れたりしやすい

「ノーブラで窮屈感から解放された」⇒「だけどバストの支えを失った」と考えられます。

寝ている時は特に寝返りでバストの脂肪はあちこちに移動します。両方のバストが離れてしまって、「美しいとは言えない状態」になりやすい仕組みです。

Sponcerd Link

姿勢が悪くてついつい猫背になりやすい

姿勢が悪くてついつい猫背になりやすい女性は、離れ乳の悩みを抱えやすい傾向があります。

中でも、「デスクワークの時間が長い」「スマホを長時間に渡って操作している」という方は気をつけないといけません。

ここでは姿勢の悪さと離れ乳の関係性について説明していきます。

姿勢の悪さと離れ乳の関係

  1. 姿勢が悪くなって反り腰になると、デコルテからバストまでの角度が急になる
  2. 肋骨が開きやすくなってバストもハの字に曲がってしまう
  3. 同時に血流の悪化によってバストに栄養が行き渡りにくくなる
  4. 離れ乳になってスタイル全体が悪くなる

長時間猫背でいるとバストの型崩れを引き起こすだけではなく、肩こりや腰痛など様々な体調不良に繋がりますので注意が必要です。

大胸筋や小胸筋の筋力が低下している

女性のバストは、胸全体を覆っている大きな筋肉の上に乗っかっています。

前胸部の広く平たい筋肉が大胸筋、大胸筋外側の深層に位置するインナーマッスルが小胸筋です。

この大胸筋や小胸筋の筋力が低下していると、離れ乳の大きな原因になりますよ。

「大胸筋はバスト全体を支えている」「小胸筋はバストを内側に引っ張る」という天然のワイヤーの役割を果たしていますので、2つの筋肉の衰えでバストを中央に寄せる力が弱まるメカニズムです。

女性はただでさえ男性と比べて筋力が低下しやすいため、筋肉の衰えは強張りはバストのバランスを崩す原因だと心得ておきましょう。

遺伝による影響

美しいバストのゴールデントライアングルを手に入れられるのか離れ乳になるのかは、遺伝による影響も深く関わっています。

遺伝と聞くとどうしようもない感じがありますが、筒形タイプ(丸胴体型)の女性は離れ乳になりやすいのです。

筒形タイプ(丸胴体型)は骨格の断面が全体的に丸くなり、必然的にバストが外側を向きやすいので両方が離れていきます。

どのような女性が筒形タイプ(丸胴体型)なのか、いくつかのチェックポイントを挙げてみました。

筒形体型のチェックポイント

  • 正面からボディを見るとアンダーバストの幅が狭い
  • 横からボディを見て身体に厚みがある
  • ブラジャーの着用でワイヤーがあまり気にならない

筒形タイプ(丸胴体型)の女性は、日頃から念入りな離れ乳のケアが必要ですね。

離れ乳の解消にナイトブラの着用がおすすめの理由!

離れ乳を解消したい女性には、睡眠時に着用するナイトブラをおすすめします。

日中はブラジャーでバストが締め付けられているため、「寝る時くらいは解放されたいな~」と考えている方はいませんか?

ですが上記の項目でも解説したように、ノーブラの状態で寝ていると離れ乳が進行しやすくなります。

ナイトブラであれば、一般的なブラジャーとは違ってバストをギュっと締め付けるような感覚はありません。

寝ている姿勢を想定して設計されていますので、寝苦しい感じは一切なしです。

しかも、寝返りしたりうつ伏せになったりした時に流れやすい脂肪をバストの真ん中に寄せて固定できますので、次第に谷間ができるようになります。

ナイトブラに即効性はありませんが、定期的に使い続けていれば左右に離れていたバストが中央部分に集まるのを実感できるでしょう。

一般的なブラジャーとナイトブラには次の違いがあります。

ブラジャーとナイトブラの違い

  • 一般的なブラジャーはバストを下から支えて脇から寄せる構造になっている
  • ナイトブラはバストトップを中心に360度から支えてくれる

ノーブラというリラックススタイルが離れ乳の進行の原因になりますので、ナイトブラの着用を検討してみてください。

離れ乳の女性に向いているナイトブラの特徴

エレアリーナイトブラ

ナイトブラと一口に言っても、現在では実店舗やネット通販で様々な下着メーカーから商品が販売されています。

そこで、離れ乳の女性に向いているナイトブラの特徴をまとめてみました。

離れ乳に向いているナイトブラの特徴

  1. フロントホックタイプや中央がクロスされたタイプで、バストを中央に寄せる補正力が高い
  2. 自分のバストにジャストフィットするサイズで、睡眠中のバストの横流れや下垂れを防げる
  3. 伸縮性の高い素材で、朝起きるまでずり上がらずに同じ状態をキープできる
  4. パッドが厚くて凹凸があり、バストを中央に寄せやすい設計になっている

上記の4つの特徴を持つナイトブラを着用すれば、全体的なボリュームを出しながら美しい形のバストを演出しやすくなりますよ。

離れ乳にはエレアリーナイトブラがおすすめ!

楽天ランキングで1位を獲得したりInstagramで話題になったりしているエレアリーナイトブラは、離れ乳の解消におすすめです。

エレアリーナイトブラの着用で、ダメバストを上向き美バストに導いてくれます。

着けて寝るだけ! ボリュームが実感できる【エレアリーナイトブラ】
5

商品名 エレアリーナイトブラ
販売会社 株式会社イッティ
1枚の値段 4,512円+送料
セット値段 3枚セット:送料無料の10,828円
サイズ展開 「Sサイズ」「Mサイズ」「Lサイズ」
カラー 「ブルー」「ブラック」「ピンク」
生地 「本体:ポリエステル100%」
「レース:ナイロン90%・ポリウレタン10%」
おすすめ度 ★★★★★

サイドボリューミーアップ構造やノンワイヤーバージスラインなど独自の構造で睡眠中にバストの形状を整えられますので、エレアリーナイトブラで離れ乳の改善を図ってみてください。

ナイトブラの着用以外の離れ乳の解消法

離れ乳はナイトブラの着用だけではなく、下記のバストケアで解消できます。

ナイトブラ以外の離れ乳対策

  • ブラジャーのサイズを測り直して自分の体型にフィットするものを選ぶ
  • 肩甲骨をほぐすストレッチで猫背を解消して姿勢を正す
  • バストを物理的に中心に寄せるバストマッサージを行う
  • 大胸筋や小胸筋を鍛えるエクササイズや筋トレでバストを上向きに保つ
  • エストロゲンと似た働きを持つイソフラボンを摂取してバストにハリを出す

どのバストケアも豊胸手術のような即効性はありませんが、離れ乳を直すにはコツコツと地道な対策が必要ですので、色々な方法でバストにアプローチしていきましょう。

離れ乳の原因まとめ!ナイトブラの着用で解消できる? まとめ

離れ乳は女性のバストの大きな悩みで、クーパー靭帯の損傷やノーブラ、姿勢の悪さや筋力低下など様々な原因で引き起こされます。

実際のサイズよりも小さく見られる傾向がありますので、離れ乳は皆さんが想像している以上に厄介です。

ですが、ナイトブラの着用でバストを中心部分で固定すれば、離れ乳の解消や予防ができます。

「寝る前に着用するだけ!」とナイトブラは使い方が簡単ですので、是非一度試してみてください。

Sponcerd Link
最新情報をチェックしよう!