毎日の生活に役立つ情報を発信するサイト Lifeary

骨盤ガードルの着用で肌がかゆくなる理由と正しい対処法

骨盤ガードルを履くとかゆくなってしまうことが・・・何か対処法はありませんか?

骨盤ガードルは、出産で歪んだ骨盤を元に戻すサポートをしてシェイプアップを図ることができる産後の女性に欠かせないアイテムです。

実店舗やネット通販を中心に、様々なメーカーから骨盤ガードルが販売されています。

ですが、骨盤ガードルを着用して肌がかゆい、肌がかぶれたと悩んでいる女性は少なくありません。

今回の記事では、骨盤ガードルの着用で肌が痒くなる理由と対処法を説明していきます!

Sponcerd Link

骨盤ガードルの着用で肌がかゆくなる理由は?

骨盤ガードルだけではなく下着の着用も同じですが、これは湿疹の一種である接触性皮膚炎を引き起こしているのが大きな理由です。

骨盤ガードルの素材や生地が自分の肌質に合っていないと、皮膚が触れ合う摩擦による炎症でかゆみやかぶれの症状が出やすくなりますよ。

産後の女性に肌トラブルはつきもので、肌質が変化する原因をいくつか見ていきましょう。

  • 女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌バランスが崩れている
  • 育児による睡眠不足やストレスで肌が普段よりも弱っている
  • 慣れない子育てで肌のお手入れにかける時間がない

産後の女性の肌は皆さんが想像している以上にデリケートですので、骨盤ガードルは素材選びにも気を配らないといけません。

気温の高い夏場は特に汗で蒸れやすいため、肌のかゆみやかぶれを引き起こしやすいと心得ておくべきです。

骨盤ガードルの着用で肌がかゆくなった時の正しい対処法

以下では、骨盤ガードルの着用で肌がかゆくなった時の正しい対処法について説明していきます。

間違った骨盤ガードルの選び方で産後の肌トラブルが加速するケースはありますので、どう対処すれば良いのか見ていきましょう。

通気性の良い素材の骨盤ガードルを選ぶ

通気性の悪い素材を使った骨盤ガードルを着用していると、夏場に汗で蒸れて肌のかゆみやかぶれが生じます。

骨盤ガードルは基本的に毎日着用するグッズですので、通気性の良し悪しで比較するのは重要ですね。

快適に着用できる骨盤ガードルを選んでいれば、「肌がかゆい・・・」「お腹が苦しい・・・」と悩むことはありません。

通気性の良い骨盤ガードルをお探しの女性には、Dr.MediShape レギンスがおすすめです。

メディシェイプ

Dr.MediShape レギンスは「毎日快適に履いて頂きたい」という思いで、通気性に着目した爽やか生地を使っています。

この素材のお陰で、蒸し暑い夏場でも蒸れずに爽やかな状態で着用して骨盤ケアができるわけです。

他にも、市販されている骨盤ガードルとは違うDr.MediShape レギンスのおすすめポイントをいくつか挙げてみました。

Dr.MediShape レギンスのおすすめポイント

  • 人間工学に基づいた着圧力で骨盤を360度全方位からサポートしてくれる
  • 伸縮性の高い繊維の高級SPANDEXを使っている
  • 初めての方のために全額返金保証制度が採用されている

細かい部分まで拘って作られた骨盤ガードルですので、産後の肌トラブルを抑えながら骨盤矯正のケアを始めたい女性はDr.MediShape レギンスを使ってみてください。

適度な締め付け力の骨盤ガードルを選ぶ

骨盤ガードルは締め付けの強さによって、次の2種類のタイプに大きくわけられます。

骨盤ガードルは大きく分けてこの2種類

  1. しっかりと締め付けることで高い骨盤の補正効果を得られるハードタイプの骨盤ガードル
  2. 適度な締め付けで息苦しく感じたり動きを妨げたりしないソフトタイプの骨盤ガードル

あまりにも締め付け力の強いハードタイプの骨盤ガードルを着用していると、肌のかゆみやかぶれの原因になりやすいので注意しないといけません。

産後に引き起こされやすい不調を予防するには出産で歪んだ骨盤を元に戻す必要がありますが、強く締め付けるほど効果がアップするわけではないですよ。

楽に続けられるのかどうかはとても大事ですので、敏感肌の女性は適度な締め付けで骨盤の補正効果を得られるソフトタイプの骨盤ガードルを使いましょう。

普段の食生活や睡眠を工夫する

産後のデリケートな肌を守るには、日々の生活習慣の見直しが欠かせません。

元々敏感肌の女性は特に、普段の食生活や睡眠を工夫することで「かゆみ」「かぶれ」「乾燥」「シミ」「黒ずみ」などの肌トラブルを未然に予防できます。

具体的に毎日の生活でどのような対策を行えば良いのかいくつか見ていきましょう。

自分でできる肌トラブル対策

  • ビタミンやミネラルを中心に栄養価の高い食べ物を食べる工夫をする
  • インスタント食品やファストフード食品の摂取を控える
  • ゆっくりと睡眠をとる時間を確保して肌の回復力を高める

子育てをしている産後の女性は赤ちゃんが中心の生活になりますので、中々睡眠を確保する時間をとることができません。

そんな時は赤ちゃんが寝ている昼間に一緒に昼寝をとり、身体と肌の両方を休める対策が必要です。

食生活の見直しや睡眠不足の改善を意識していれば肌の免疫力が高くなりますので、骨盤ガードルによるかゆみやかぶれが引き起こされにくくなります。

骨盤ガードルの着用で肌がかゆくなる理由と正しい対処法 まとめ

骨盤ガードルを着用して肌がかゆい・・・と感じている女性は、製品の選び方を間違えているのが大きな原因です。

通気性が良くて夏場でも蒸れにくい生地を使った骨盤ガードルを着用していれば、肌トラブルのリスクを下げることができます。

しかし、産後の女性はホルモンバランスやストレスで肌トラブルが引き起こされやすくなっていますので、バランスの良い食生活を送ったり質の高い睡眠をとったりという対策も同時に行ってください。

最新情報をチェックしよう!
Sponcerd Link