毎日の生活に役立つ情報を発信するサイト Lifeary

低温ドライヤーの効果とは?おすすめの製品はこれ!

ドライヤーと一口に言っても様々な製品がありますが、中でも低温ドライヤーがおすすめです。

低温ドライヤーとは、その名の通り低温の温風が吹き出し口から出る製品を指しています。

一般的なドライヤーは100℃以上の熱風が出るのに対して、低温ドライヤーは60℃前後なのが特徴ですね。

このページでは、低温ドライヤーの効果やメリットを詳しくまとめてみました。

Sponcerd Link

低温ドライヤーのメリットや効果をまとめてみた!

ということで、低温ドライヤーを使うことによる効果やメリットを説明していきます。

低温ドライヤーのメリット1:50℃~60℃の低温の温風では火傷のリスクが低い

低温ドライヤーの一番のメリットは、火傷のリスクが圧倒的に低いところです。

JIS(日本工業規格)の規格では、ドライヤーは吹き出し口から3㎝のところで140℃以下になるように定められています。

100℃以上の熱風が出る製品も少なくありませんが、低温ドライヤーは50℃~60℃程度です。

熱すぎる風が吹き出し口から出ないため、髪の毛の火傷のリスクを抑えて健康的な状態で維持できますよ。

下記の症状で悩んでいる方は、ドライヤーによる火傷が原因かもしれません。

  • 手ぐしをした時に手触りが悪い
  • 中々髪の毛がまとまらない
  • 切れ毛が目立つようになった
  • くせ毛が酷い

髪の毛は高温の熱風で火傷をすると元の状態に戻りませんので、低温ドライヤーで本来のツヤやコシを維持しながら乾かしてみてください。

低温ドライヤーのメリット2:キューティクルを守ることができる

低温ドライヤーは、髪の毛の表面を覆っているキューティクルを守る効果があります。

美髪を決める要素の一つがキューティクルで、髪の毛のツヤを出すに当たって欠かせません。

しかし、温度の高いドライヤーを使ったり間違った方法で髪の毛を乾かしたりしていると、次のリスクが高まります。

  1. 髪の毛のバリアとも言えるキューティクルが剥がれる
  2. 髪の毛の栄養成分や水分が流れ出てしまう
  3. 乾燥した状態になって切れ毛や枝毛が増える

キューティクルが傷むと髪の毛全体のダメージが加速しやすいため、60℃程度の温風が出る低温ドライヤーがおすすめです。

低温ドライヤーでも髪の毛に近付けすぎるのはNGですが、15㎝~20㎝くらい離して髪の毛を乾かしていればツヤが失われることはありません。

※ドライヤーの正しい使い方で押さえておきたいポイントは、こちらのページで解説しています。

関連記事

お風呂から上がって髪の毛を乾かしたりヘアスタイルをセットしたりするに当たり、ドライヤーは欠かせないアイテムです。 髪の毛を洗った後に自然乾燥をしている方は多いのですが、ドライヤーを使った方がキューティクルの開きを抑えてダメージを和らげ[…]

低温ドライヤーのメリット3:髪質の改善をサポートしてくれる

「髪の毛がパサパサしている」「くせ毛やうねりが凄い」と悩んでいる女性はいませんか?

女性にとって髪の毛は大事な存在ですので、髪質の悩みは尽きないものです。

髪質の改善を考えているのであれば、低温ドライヤーを使ってみてはいかがでしょうか。

高性能な低温ドライヤーは、マイナスイオンを同時に発生させています。

マイナスイオンが髪の毛に与える効果は次の2つですね。

  1. 髪の毛の静電気を減少させてまとまりのある状態に促してくれる
  2. 保湿効果で細かい水滴がキューティクルに浸透し、サラツヤの状態にしてくれる

低温ドライヤーの使用で劇的に変化するわけではないものの、マイナスイオンを発する製品を長く使い続けていれば、髪質の悩みをサポートしてくれます。

ただし、「自分の髪質に合わないシャンプー剤を使っている」「バスタオルでゴシゴシと力を入れて拭いている」「髪の毛が濡れたまま寝る」など、日々の生活でパサパサ髪になりやすいので注意してください。

低温ドライヤーのメリット4:低温だけど速乾性は悪くない

「低温ドライヤーだと髪の毛が乾きにくいのでは?」とイメージしている方は少なくありません。

確かに、髪の毛を早く乾かすには風の温度が重要ですが、低温ドライヤーはそれなりに速乾性が高いのがメリットです。

なぜ低温ドライヤーの速乾性が高いのか、高温タイプのドライヤーと比較してみました。

  1. 高温ドライヤーは熱風を1点に当て続けると頭が熱くなるため、揺すりながらでないと髪の毛を乾かすことができない(髪の毛を乾かす風が逃げやすい)
  2. 低温ドライヤーは1点が高温になる心配がないため、ある程度は固定して髪の毛全体に温風を広げて効率良く乾かすことができる

温度が50℃~60℃前後の低温ドライヤーでも、皆さんが想像している以上に素早く乾きます。

それに、吹き出し口から出る温度が低くても、風量の大きいドライヤーを選んでいれば「中々乾かないな~」と感じることはありません。

お風呂上がりに髪の毛が濡れた状態を放置すると、キューティクルが開いて髪の毛が傷んだり頭皮の雑菌が繁殖したりしますので、低温ドライヤーで素早く乾かしましょう。

低温ドライヤーのメリット5:従来のドライヤーよりも電気代が安い

高出力の従来のドライヤーと比べてみると、低温ドライヤーは省エネ仕様です。

100℃以上の熱風が出るドライヤーのワット数は1500Wくらいなのに対して、低温ドライヤーは1200W程度と少ない電力で使えます。

つまり、低温ドライヤーを使った方が電気代を安く抑えられるます。

若干の違いでも「塵も積もれば山となる」ですので、日々の電気代を節約したい方は低温ドライヤーを選びましょう。

おすすめの低温ドライヤーはこれ!

低温ドライヤーと言っても様々なメーカーから製品が出ていますので、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

そこで、以下ではおすすめの低温ドライヤーをいくつか挙げてみました。

低温なのに加えて他の機能や性能も高いので、ドライヤーをお探しの方は参考にしてみてください。

ヒートケア60低温ドライヤー

ヒートケア60低温ドライヤーは、ドライヤーによる髪の毛のヤケドから守る目的で作られました。

商品名からもわかる通り、ヒートケア60低温ドライヤーから出る温風は60℃です。

低温で髪の毛を素早く乾かすことができますので、頭皮や髪の毛に余計な刺激やダメージが加わる心配はありません。

他にも、ヒートケア60低温ドライヤーの強みや特徴をいくつか見ていきましょう。

  • 誰が使っても火傷しにくいように高熱を吸収するヒートケアセラミックを搭載している
  • ドライヤーの時間を短縮できる特殊ヘアタオルとコームがセットになっている
  • 初めて使用する方のために、30日間返金保証制度が採用されている

97%の人が満足しているとアンケートの結果が出ていますので、ヒートケア60低温ドライヤーを使って頭皮ケアやヘアケアを行ってみてください。

ヤーマン スカルプドライヤーロゼ

ヤーマン スカルプドライヤーロゼは、抜け毛やボリュームダウンで悩む女性におすすめの低温ドライヤーです。

ただ吹き出し口から低温の風が出るだけではなく、ヤーマン スカルプドライヤーロゼには次の特徴も持ち合わせていますよ。

  • 遠赤外線と美容音波振動でアンチエイジング頭皮ケアができる
  • 頭皮をじっくりとマッサージできるアタッチメントがついている
  • ナノイーの力でまとまりのある髪の毛に導いてくれる

髪の毛を乾かしながら頭皮ケアやヘアケアに取り組みたい女性は、ヤーマン スカルプドライヤーロゼを使ってみてはいかがでしょうか。

クオーラ BD-E1

クオーラ BD-E1は、2018年に発売されてから高い人気を獲得している低温ドライヤーです。

低温の温風とマイナスイオンの力で、髪の毛にツヤやコシを与えながら乾かすことができます。

ドライヤーとしての機能だけではなく、「軽い」「オシャレ」と使いやすさやデザインに拘っているのもクオーラ BD-E1の魅力です。

コンパクトで軽いタイプの低温ドライヤーを探している方は、クオーラ BD-E1を選んでみてください。

低温ドライヤーの効果とは?おすすめの製品はこれ! まとめ

低温ドライヤーの効果やメリット、おすすめの製品についておわかり頂けましたか?

高出力のドライヤーとは大きく違い、低温ドライヤーには「火傷のリスクが低い」「キューティクルを守ることができる」「速乾性が高い」といった特徴があります。

高温の風のドライヤーを使い、知らず知らずのうちに髪の毛にダメージを与えている方は少なくありません。

日々のケアで美髪を維持できるか決まりますので、是非一度低温ドライヤーを使ってみてください。

最新情報をチェックしよう!
Sponcerd Link