毎日の生活に役立つ情報を発信するサイト Lifeary

ふくらはぎのむくみの原因は?細くする方法はこれ!

下半身の中でもふくらはぎがパンパンにむくみ、「太いのが嫌だ…」と悩んでいませんか?

  • 脚は心臓から遠い場所に位置している
  • 脚は重力の関係で水分が溜まりやすい
  • 脚は血液の流れが悪くなりやすい

こう言った理由から私たちの身体の中でも、ふくらはぎは「むくみ」が生じやすい部位です。

ふくらはぎがむくむと見た目のイメージが悪くなるだけではなく、痛みも生じやすいので厄介ですよね。

今回はそんな、ふくらはぎのむくみの原因と補足する方法について詳しくまとめてみました。

Sponcerd Link

ふくらはぎのむくみの原因をまとめてみた

なぜ脚がむくみやすいのか、いくつかの理由を見ていきましょう。

同じ姿勢を取り続けている

立ち仕事やデスクワークなど、同じ姿勢を取り続けている女性はふくらはぎがむくみやすくなります。

同じ姿勢の維持でふくらはぎにむくみが生じやすいメカニズムを見ていきましょう。

同じ姿勢を続けていると、ふくらはぎがむくみやすい

  1. 水分を含む血液やリンパ液などの脚の組織液の循環が悪くなる
  2. 細胞の隙間部分に水分が停滞しやすくなる
  3. 溜まった水分が原因でむくみやすくなる

下半身は元々血液の流れが悪くなりやすい部位ですので、立ち仕事の多い女性は特に要注意です。

Sponcerd Link

筋力が低下している

運動不足で筋力が低下している女性は、ふくらはぎのむくみが生じやすくなります。

筋力が失われた状態では、ポンプ機能の低下で血液を上手く送り出すことができません。

ふくらはぎはただでさえ血液の流れが悪いため、血液中の水分が停滞してむくみの症状として現れる仕組みですね。

「筋肉をつける=ふくらはぎが太くなる」とイメージしている女性はいますが、運動不足が引き金になって美脚から遠のく形になりますので、意識的に下半身を動かすようにしてください。

毎日の食生活で塩分を過剰摂取している

毎日の食生活で塩分を過剰摂取していると、ふくらはぎのむくみの原因になります。

塩分は熱中症対策に欠かせない栄養素ですが、水分を抱え込む性質を持ち合わせていますので、過剰摂取によって体内の余分な水分を上手く排出できなくなるのです。

味の濃い食べ物を食べる機会の多い女性は、できる限り塩分を控えめにしましょう。

Sponcerd Link

過度のダイエットをしている

過度なダイエットは、ふくらはぎのむくみの原因です。

なぜダイエットで下半身にむくみが生じやすくなるのか、いくつかの理由を挙げてみました。

  • 脚の筋肉が弱まってポンプが上手く働かなくなる
  • むくみの解消に効果的なタンパク質やミネラルが不足する

「体重は落ちているけど下半身だけが痩せない…」と悩む女性は、食事制限による無理なダイエットが引き金だと考えられます。

健康体を損なう原因にもなりますので、ダイエットは食生活の見直しと運動を併用しましょう。

アルコールを過剰摂取している

アルコールを過剰摂取していると、血管の浸透性が高まって血管中の水分が染み出します。

その影響でふくらはぎを中心に下半身のむくみが生じやすいのです。

また、お酒を飲む時は味の濃いおつまみを食べることも多く、塩分の過剰摂取と合わさってむくみが酷くなるケースも少なくありません。

アルコールを分解するために水分をたくさん飲むと更なるむくみが引き起こされやすいので、適度な飲酒を心掛けるべきですよ。

病気を患っている

ふくらはぎのむくみは生活習慣ではなく、病気が関わっていることもあります。

以下では、むくみと関係する病気の種類をいくつか挙げてみました。

病気 むくみとの関係
腎機能障害 腎臓病や腎不全で腎機能が低下すると、体外に水分を含む老廃物を排出できなくなる
心不全 心臓が血液を上手く巡らせることができない病気で、血流が滞ることでむくみが生じやすい
肝硬変 血中のアルブミンが減少すると、水分が血管から漏れ出して全身のむくみに繋がる
下肢静脈瘤 ふくらはぎ部分の血管が膨らんで表面にボコボコと静脈が浮き出る病気
リンパ浮腫 リンパの流れが悪くなる病気で、むくみに加えて重さやだるさを感じることも多い
甲状腺機能低下症 甲状腺ホルモンの分泌量が少なくなる病気で、むくみや月経異常を引き起こしやすい

いつまで経ってもふくらはぎのむくみが取れない時は病気の疑いがありますので、一度病院を受診して医師の診察を受けてみてください。

ふくらはぎのむくみを解消して細くする方法はこれ!

病気が原因でない場合は、ふくらはぎのむくみは一過性のものです。

でも、放置していると脚が太くなって見た目のイメージが悪化するだけではなく、疲れの増幅や免疫力の低下を引き起こすことがあります。

そこでこのページでは、ふくらはぎのむくみを解消して細くする方法をまとめてみました。

普段の生活で何をすれば良いのかわからない女性は、一度目を通しておきましょう。

生活習慣を改善する

ふくらはぎのむくみは不規則な生活で引き起こされるケースが多いため、生活習慣の見直しはむくみ解消の第一歩です。

今一度生活習慣を見直していれば、新たなむくみを予防できます。

具体的にふくらはぎのむくみを解消するために、何をすれば良いのか見ていきましょう。

  • ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を意識的に行い、血液循環の滞りを予防する
  • 塩分やアルコールの過剰摂取をやめて、バランスの良い食生活を心掛ける
  • お風呂にお湯をためてゆっくりと浸かって血液の循環を促す

運動不足や食生活の見直しは、ふくらはぎのむくみを解消してスラっと細くする方法の一つです。

筋肉量の少ない女性は筋ポンプ作用のパワーも弱くて血液の循環が滞りやすいため、下半身を中心に意識的に動かす努力をしてみてください。

マッサージでリンパ液の流れを改善する

ふくらはぎのむくみが気になる女性は、脚のマッサージでリンパ液の流れを改善しましょう。

リンパ液には体内の老廃物や毒素を運搬する働きがありますので、マッサージは脚の疲れの解消にも効果的ですね。

ここでは下半身のむくみを解消するマッサージのやり方を解説していきます。

  1. クリームやオイルを用意して脚全体に塗布する
  2. 両手を膝の両側に当ててリンパ節に向けてももを優しく撫でる
  3. ももの表側と裏側を下から上に向けて揉み込む
  4. 足首付近に両手を当てて膝に向かって撫でる
  5. ふくらはぎを膝裏に向かって揉んでいく
  6. 足首付近から脚の付け根に向かって撫でて完了

下半身のマッサージは、「少し痛いな~」と感じる程度の力で撫でたり揉んだりするのがポイントです。

お風呂上がりの血行が良くなっている状態でマッサージを行うと、ふくらはぎのむくみ解消効果は高くなります。

下半身のむくみに効くツボを刺激する

ふくらはぎのむくみや脚の疲れで悩んでいる女性には、ツボの刺激も効果的です。

ツボの位置さえ覚えてしまえば、時間のない時でもサっと押して症状の回復を図ることができます。

下半身のむくみに効く代表的なツボは次の3つです。

豊隆(ほうりゅう)

場所:すねの骨の外側で膝と足首のちょうど真ん中辺り
効果:刺激するとふくらはぎの余分な水分を排出してくれる

足三里(あしさんり)

場所:むこうずねの外側を下から上にさすり、骨に当たって止まるところ
効果:内臓の働きを活性化したり体内の老廃物を排出したりする

太衝(たいしょう)

場所:足の親指と人差し指の中間で指が骨にぶつかるくぼみの付近
効果:気血の巡りをスムーズにしてむくみを解消してくれる

どのツボも、痛すぎない程度の力でグっと押し込むように刺激するのがポイントです。

すぐに下半身のむくみを解消できるわけではありませんので、毎日の生活の中でツボ刺激を意識的に取り入れてみてください。

ふくらはぎを細く見せるには骨盤ガードルも効果的!

ふくらはぎのむくみを細く見せたい女性には、女性用の補正下着の骨盤ガードルも効果的です。

骨盤ガードルには着圧効果がありますので、ふくらはぎを中心に下半身を痩せて見せることができます。

他にも、骨盤ガードルの着用でどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

骨盤ガードルのメリット

  • 産後に歪みやすい骨盤の矯正をサポートして様々なトラブルから守ってくれる
  • 骨盤を正しい位置に戻すことで、新陳代謝を高めてダイエット効果がアップする
  • ポッコリと出っ張ったお腹のたるみを凹ませて引き締めてくれる
  • 保温効果で下半身を温めて冷え性の症状を和らげられる

骨盤ガードルは女性が悩まされやすい様々なトラブルから守ってくれる嬉しいアイテムですね。

おすすめはDr.MediShape レギンス

メディシェイプ

当サイトで紹介しているDr.MediShape レギンスは、骨盤から脚にかけての部位を着圧効果で引き締めてスッキリをサポートしてくれます。

履くだけで簡単に自信の美脚ケアができますので、Dr.MediShape レギンスは20代~30代の女性を中心に人気です。

パンパンにむくんだ脚にも働きかけてくれますので、ふくらはぎのむくみの症状で悩まされている方は是非一度Dr.MediShape レギンスを着用してみてください。

ふくらはぎのむくみの原因は?細くする方法はこれ! まとめ

以上のように、ふくらはぎのむくみの原因と正しい解消法についておわかり頂けましたか?

ふくらはぎを中心に下半身のむくみは、間違った姿勢や運動不足、塩分の過剰摂取や過度のダイエットで引き起こされやすくなっています。

美脚とは程遠い状態になりますので女性にとっては厄介ですが、生活習慣の見直しやマッサージで改善可能です。

骨盤ガードルもスッキリと細く見せるサポートをしてくれますので、美しい脚を手に入れる努力をしてみてください。

Sponcerd Link
最新情報をチェックしよう!