毎日の生活に役立つ情報を発信するサイト Lifeary

主婦がクレジットカードの家族カードを持つメリットとデメリット

主婦の方がクレジットカードを作るときによく迷うのが、自分名義のカードにするか、それとも家族名義にするか。「どちらが良いのかよくわからない」という声をよく聞きます。

ここでは家族カードのメリットとデメリットを解説していきますので、クレジットカードづくりの参考にしていただければ幸いです!

Sponcerd Link

主婦がクレジットカードの家族カードを持つメリット

クレジットカードを持ちたい主婦にとって、作成するには次の2通りの方法があります。

  • 自分でカード会社に本カードの申し込みを行う
  • 配偶者(旦那)の家族カードの申し込みを行う

本カードが自分だけのクレジットカードなのに対して、家族カードはクレジットカードを所有している本会員の家族に対して発行されるカードです。

家族カードを発行するに当たり、どのような条件があるのか見ていきましょう。

  • 本会員と生計を共にしている18歳以上の配偶者や子供、または両親
  • 基本的に本会員の兄弟は家族カードの対象外
  • 本会員が学生の場合は家族カード自体の発行が不可
  • 本会員が持つクレジットカードと異なる種類のカードは不可

1枚のカードを家族で共有するのではなく、条件を満たしていれば「旦那さん」「奥さん」「子供」と1人1人に対して個別のクレジットカードが発行される仕組みですね。

機能は一部制限されることがありますが、各種保険やサービスは本カードと家族カードで大きな違いはありません。

ここでは主婦が旦那さんのクレジットカードの家族カードを持つメリットについて詳しくまとめてみました。

メリット1:家族カード発行の年会費が割安

クレジットカードによっては、発行の手数料として年会費が発生します。

しかし、本カードとは違って家族カードは年会費が割安なのが大きなメリットです。

例えば、ダイナースクラブカードは22,000円の年会費がかかりますが、家族カードは5,000円で作成できます。

元々年会費が無料のクレジットカードを旦那さんが持っていれば、奥さんが持つ家族カードも無料です。

低コストでクレジットカードを持ちたい主婦は、家族カードを検討してみてはいかがでしょうか。

メリット2:基本的に審査なしで発行できる

「クレジットカードを持ちたいけど審査に通らない」と悩んでいる主婦の方はいませんか?

現在では専業主婦でも作成できるクレジットカードは多いものの、次の理由で審査に通らないことがあります。

  • 配偶者の信用度が審査基準に達していない(自分にはパートやアルバイトの収入がない)
  • キャッシング枠の金額を上限いっぱいで申し込んでいる
  • 他社からの借り入れの金額が多い(個人信用情報機関でカード会社に伝わる)
  • 短期間で3社以上に申し込んで申し込みブラックの状態になっている

しかし、配偶者や子供に発行される家族カードの場合は、基本的に審査なしです。

申込者の情報確認は本人確認情報に限るケースが多く、それ以外については言及されません。

家族カードの審査は家族会員ではなく本会員に対して行われるため、専業主婦でも簡単にクレジットカードを作成して持てるわけです。

メリット3:審査時間が短い(即日発行対応のカードもあり)

クレジットカードは即日での発行が難しく、その理由をいくつか挙げていきます。

  • Web上で入力した申し込み内容と事実との綿密な照合が必要
  • 返済や支払いを延滞した経験がないか信用情報の調査に時間がかかる
  • 審査に通すか通さないかギリギリのラインでは社内検討が行われる

より細かく情報をチェックするほど、クレジットカードの発行までに時間がかかりやすいのです。

しかし、家族カードは本会員の与信状況審査が一度済んでいますので、発行には長い時間がかかりません。

審査時間が短くて即日発行対応のクレジットカードもありますので、早く作りたい主婦に家族カードが向いていますね。

メリット4:本カードと同じ保険が付帯する

クレジットカードの中には、次の3つを中心に便利な保険が付帯しています。

海外旅行傷害保険 海外の渡航先の思わぬトラブルや急病による医療費を補償する保険
国内旅行傷害保険 国内の旅行で適用される死亡または後遺障害、入院費や通院費の保険
ショッピング保険 カードを使って購入した商品が壊れた際に適用される補償

これらの保険は本カードだけの適用ではありません。

家族カードにも同じように海外旅行傷害保険やショッピング保険が付帯されるのはメリットの一つです。

もちろん、本カードも家族カードも同じ条件でポイントを貯められますので、還元率が高ければ夫婦一緒に節約ができます。

主婦がクレジットカードの家族カードを持つデメリット

クレジットカードの審査に通りにくい専業主婦は、旦那さんの本カードの家族カードを作成するのは選択肢の一つです。

本カードのようにポイントが貯まったり保険が付帯したりと、家族カードでも同等のサービスを受けられます。

しかし、主婦がクレジットカードの家族カードを持つに当たっていくつかのデメリットもありますので、一度確認しておきましょう。

デメリット1:自分のクレヒスが育たない

クレヒスとはクレジットヒストリーの略称で、今までのカードの利用履歴を指しています。

家族会員が発行できる家族カードは信用情報機関に利用履歴が渡されないため、自分のクレヒスが育たないのがデメリットです。

支払いの遅延をせずにクレジットカードを長く使い続けていると、自然にクレヒスが育って信用調査が有利になります。

クレヒスが全くない状態だと、いざ年齢を重ねて自分のクレジットカードを作ろうとした時に審査に通りにくくなるのです。

自分のクレヒスを育てたい主婦は、家族カードではなく新規のクレジットカードを作りましょう。

デメリット2:旦那のクレヒスが悪化するとカードを止められる

旦那さんのクレヒスが何かしらの理由で悪化すると、同じように家族カードも止められます。

これは家族カードが本会員のクレジットカードの信用によって発行されているからです。

たったの1ヵ月でも何度も支払い遅延を繰り返していると、本カードも家族カードも使えなくなります。

また、家族カードの使いすぎも次の理由でNGです。

  1. 家族カードの所有者である主婦が本会員の旦那さんが支払えないくらいの利用をする
  2. 返済が遅れてしまった場合は本会員の信用に傷が生じる
  3. クレジットカード全体の利用に支障が出る

家族カードはとても便利ですが、本カードと同じように計画的に利用しないといけません。

デメリット3:買い物をした内容が配偶者に知られてしまう

家族カードを使って買い物をすると、その内容が配偶者に知られてしまいます。

人によって考え方は異なりますが、旦那さんに内緒で買い物をしたい主婦は家族カードではなく自分のクレジットカードを持つべきです。

自分だけのカードを持てば気兼ねせずにショッピングを楽しめますし、正しい利用を心掛けていればクレヒスも積まれていきます。

主婦の方におすすめな、三井住友VISAアミティエカード

「主婦でもクレジットカードを作れるの?」と悩んでいる方は、三井住友VISAアミティエカードを選びましょう。

三井住友VISAアミティエカードはショッピングや旅行をアクティブに楽しみたい女性のために発行されたクレジットカードですので、主婦の方もご利用いただけます。

ショッピング補償や旅行傷害保険が自動付帯されている機能性の高いカードですので、「家族カードは嫌だな~」と考えている主婦は三井住友VISAアミティエカードを作ってみてください。

主婦がクレジットカードの家族カードを持つメリットとデメリット まとめ

以上のように、主婦が本会員のクレジットカードの家族カードを作るメリットとデメリットをまとめました。

基本的に審査なしで簡単に持てるのが家族カードの強みですが、自分のクレヒスを育てることはできません。

たとえ主婦でもクレヒスを積んでおくに越したことはありませんので、自分だけの本カードを作りましょう。

関連記事

「クレジットカードを持ちたいけど安定した収入がないから審査に通るのが不安」と感じている主婦はいませんか? 確かに、クレジットカードの審査では年収や会社の勤続年数が大事です。 しかし、年会費無料のクレジットカードは18歳以上の方が[…]

最新情報をチェックしよう!
Sponcerd Link