毎日の生活に役立つ情報を発信するサイト Lifeary

ふくらはぎが痩せない原因は?おすすめのトレーニングやマッサージはこれ!

「アスリートじゃないのにふくらはぎが妙に太い」「上半身は普通なのにふくらはぎだけが痩せない」と悩んでいる女性はいませんか?

ふくらはぎが太いと、スカートなど夏場に脚を出すファッションを取り入れにくくなりますよね。

元々の体質だけではなく日常生活が引き金になってふくらはぎが太くなっているケースもありますので、美脚に憧れている女性は要チェック。

このページでは、「ふくらはぎ痩せ」に効果的なトレーニングなどをご紹介していきます!

Sponcerd Link

ふくらはぎが痩せない原因をまとめてみた

まずは、ふくらはぎが痩せない原因をいくつか見ていきましょう。

血流の悪化で下半身がむくんでいる

ふくらはぎが痩せない一番の原因は、血流の悪化による下半身のむくみです。

むくみは女性を悩ませる代表的な症状の一つで、本来であれば排出されるべき水分が体内に滞って溜まった状態を指します。

具体的にどのような原因でふくらはぎを中心に下半身がむくみやすいのか見ていきましょう。

下半身がむくむ原因

  • 立ち仕事やデスクワークで長時間に渡って同じ姿勢を続けている
  • 運動不足が引き金で脚を動かす頻度が少ない
  • 食生活の乱れで塩分を過剰摂取している
  • 「心不全」「腎不全」「下肢静脈瘤」「深部静脈血栓症」などの病気を患っている

血液は身体の末端部分まで流れた後に心臓まで戻りますが、下半身は重力の影響を受けます。

つまり、ずっと同じ姿勢や運動不足が原因で血流が悪くなると、下半身に水分が溜まりやすくなって、ふくらはぎが太くなる

という仕組みです。

「身体を動かす機会が少ない」「冷たい飲食物を食べることが多い」という女性は、他の人よりもむくみやすいので注意してください。

Sponcerd Link

運動不足で脂肪が多い

ふくらはぎに限った話ではありませんが、運動不足で脂肪が多いのは痩せない原因の一つです。

運動不足で歩いたり階段を上ったりする機会が減ると、循環不足で脂肪がだんだんと溜まっていきます。

その脂肪分でメリハリのない太くなったふくらはぎになるメカニズムです。

立ち仕事やデスクワークがメインの女性は、同じ姿勢が続きやすいのと同時に運動不足に陥りやすくなります。

脂肪は一度つくと中々落とすことができませんので、ふくらはぎの太さで悩んでいる方は日頃から意識的に下半身を動かすクセをつけましょう。

身体が冷えている

冷え性は男性よりも女性が悩まされやすい症状で、次の3つの原因が考えられます。

冷え性になる原因

  1. 筋肉量が少ない原因で筋肉運動による発熱や血流量が減少している
  2. 女性ホルモンの分泌が乱れて血行不良を引き起こしやすい
  3. ストレスや不規則な生活で自律神経のバランスが乱れている

下半身が冷えるとふくらはぎの筋肉が凝り固まり、血行が悪化してむくんだように太く見えやすいのです。

冬場の寒い時期に冷えの対策をしなかったり同じ姿勢を取ったりしている女性は、

「冷え性の悪化」▶︎「ふくらはぎが痩せない」

という状態に繋がりやすいので、注意しないといけません。

Sponcerd Link

お尻の筋肉を上手く使えていない

歩く時にお尻の筋肉を上手く使えていない方は、ふくらはぎが太くなって下半身のバランスが悪くなる傾向があります。

お尻の筋肉とふくらはぎの太さにどのような関係性があるのかまとめてみました。

お尻の筋肉とふくらはぎの太さの関係

  1. 股関節が硬いなどの理由でお尻の筋肉が使えないと歩く時の歩幅が狭くなる
  2. 狭くなった歩幅を広げるためにふくらはぎの筋肉を活用する
  3. 歩く距離が増えてふくらはぎの筋肉が必要以上に使われる
  4. ふくらはぎがガチガチに硬くなってふくらんでいく

歩幅が小さい歩き方をしている女性は、ふくらはぎが痩せない原因になりますので気を付けましょう。

ふくらはぎの痩せ効果を実感できるおすすめのトレーニングやマッサージはこれ!

ふくらはぎがあまりにも太い女性は、いわゆるシシャモ脚になってキレイとは言えない状態になります。

全体的にバランスの悪いスタイルになりますので、美脚を目指したいのであればふくらはぎを細くしないといけません。

ふくらはぎの理想のサイズは「身長×0.2」で、160㎝の女性であれば約32㎝がベストですよ。

この理想のふくらはぎを目指すために、痩せ効果を実感するおすすめのトレーニングやマッサージを紹介していきます。

特別な器具を用意しなくてもふくらはぎを引き締めてシュっと細くできますので、是非一度チャレンジしてみてください。

正しい姿勢でウォーキングをする

「自分は今まで運動不足だったからいきなり激しい筋トレは無理かも…」と考えている女性はいませんか?

激しいトレーニングは身体への負荷も大きくなりますので、ふくらはぎの痩せ効果を実感するためにまずは正しい姿勢でウォーキングをしてみましょう。

有酸素運動の代表格とも言えるウォーキングは日常的に行う動作でありながらも、脂肪燃焼や血行促進の効果でふくらはぎ痩せが期待できます。

運動不足の女性でも、気軽に始められるのはウォーキングの大きなメリットです。

以下では、ウォーキングに取り組む上で押さえておきたいポイントをまとめてみました。

ウォーキングで押さえるポイント

  • 頭の位置を固定して顎を引いた状態で10m先を見ながら歩く
  • 肩の力を抜いて肘を軽く曲げて腕を大きく振りながら歩く
  • 足の親指の付け根付近で地面を強く押して地面から足を離す
  • 腰を軽く回転させながら歩くようにすると効果的

正しい姿勢と歩き方で1日20分~30分程度を目標にウォーキングをすると、血流の促進や冷えの解消でふくらはぎは痩せていきます。

ウォーキングに身体が慣れてきたら、ジョギングやランニングに移行するのもOKです。

ふくらはぎ痩せのエクササイズに取り組む

ふくらはぎ痩せを実感したい女性には、自宅の空いた時間に取り組むことができるエクササイズがおすすめです。

身体を激しく動かすようなトレーニングではありませんので、皆さんが想像している以上に簡単にできます。

具体的にどのようなエクササイズで太くなったふくらはぎを解消できるのか見ていきましょう。

エクササイズ 手順
座ったままでもできるふくらはぎトレーニング 椅子に座ったままかかとを上げてつま先で立ち、ふくらはぎの筋肉を意識しながらゆっくりと床におろす運動を10回~20回続ける
ふくらはぎを持ち上げるエクササイズ 椅子や手すりに掴まりながら片足で立ち、下腹を凹ませながら床についている方の足のかかとを持ち上げる(左右交互に行う)
ヒップリフトエクササイズ 仰向けに寝転がって足を肩幅くらいに開き、お尻にキュっと力を入れる感覚で天井に持ち上げて戻す動作を20回程度繰り返す
縄跳びエクササイズ 縄跳びを持っている方は、両足飛びでリズミカルに縄跳びを20秒間1セットで複数回繰り返す

下半身の筋肉を意識的に使うようにすれば、むくみや身体の冷えが原因のふくらはぎ太りを解消できます。

あまり無理をせずに、少しずつエクササイズに取り組むのがポイントです。

むくみ解消マッサージを行う

ふくらはぎ痩せはエクササイズに加えて、マッサージも実に効果的です。

マッサージをしてふくらはぎのむくみを取れば、それだけでスッキリとした状態になりますよ。

他のトレーニングやエクササイズと一緒で満足のいく効果を実感するまでには時間がかかりますが、血行が良くなれば脂肪燃焼効果は大きくアップするのです。

以下では、ふくらはぎの正しいむくみ解消マッサージの方法を解説していきます。

  1. 肌を滑らせるクリームやオイルを用意する
  2. 足先から脚の付け根にかけてクリームやオイルを塗布する
  3. リンパを流すようなイメージでゆっくり揉み込む
  4. 気持ち痛いくらいの強さで10分間程度マッサージをする

寝る前やお風呂に入る前のタイミングでマッサージを行い、下半身の血行不良を改善してみてください。

ふくらはぎ痩せには骨盤ガードルや着圧ソックスもおすすめ!

「ふくらはぎが中々痩せない」「ふくらはぎが太い」と悩んでいる女性には、骨盤ガードルや着圧ソックスの使用もおすすめです。

骨盤ガードルや着圧ソックスはふくらはぎ痩せに効果的なアイテムで、その詳しい理由について見ていきましょう。

  • 骨盤ガードルや着圧ソックスを着用しているだけでふくらはぎに圧力をかけられる
  • キュっと包み込むことで血液やリンパの流れを促すことができる
  • ふくらはぎに溜まった老廃物を排出して脂肪燃焼効果を高められる
  • むくみの解消によってふくらはぎのダイエットに繋がる

毎日履き続けるだけで、シュっと細いふくらはぎを手に入れられる嬉しいアイテムですね。

骨盤ガードルに関しては骨盤の歪みや開きを矯正する効果もありますので、理想のスタイルを手に入れながらも他の身体の不調を解消できます。

「補正下着の種類が多くてどれを選べば良いのかわからない…」という方には、Dr.MediShape レギンスがおすすめです。

Dr.MediShape レギンスにどのような強みがあるのか4つ挙げてみました。

Dr.MediShape レギンス 4つの強み

  1. 骨盤を360度全方位からサポートして姿勢美人+健康美人を目指せる
  2. 程よい着圧力と快適な通気性で、着用していても不快感がない
  3. 高級SPANDEXを3倍使用して驚異の伸縮性を実現している
  4. 30日間に渡って全額返金保証制度が採用されている

返金保証で自分に合うのか合わないのか気軽に確かめることができますので、是非一度Dr.MediShape レギンスを試してみてください。

ふくらはぎが痩せない原因は?おすすめのトレーニングやマッサージはこれ! まとめ

ふくらはぎが痩せない原因と痩せ効果を実感する正しいトレーニングやエクササイズについておわかり頂けましたか?

「下半身がむくみやすい」「あまり運動をしない」「身体が冷えている」という女性は、ふくらはぎが太くなりやすくなります。

ふくらはぎは脚の太さの印象を決めるポイントですので、シュっとした状態にしたいのであればウォーキングやエクササイズ、マッサージが効果的です。

短期間で大きな変化を得るのは難しいのですが、ゆっくりと理想の美脚を目指してみてください。

Sponcerd Link
最新情報をチェックしよう!