毎日の生活に役立つ情報を発信するサイト Lifeary

骨盤ガードルの正しい履き方や使い方

骨盤ガードルには、産後に歪んだ骨盤を元の状態に戻し、下半身太りや腰痛の症状を緩和する効果があります。

あくまでも骨盤ケアグッズですので治療効果はありませんが、産後に引き起こされやすい悩みを解消できるのは紛れもない事実ですね。

しかし、骨盤ガードルの効果をしっかりと引き出すには、正しい履き方や使い方を心掛けないといけません。

Sponcerd Link

骨盤ガードルの正しい履き方や使い方をチェックしておこう!

間違った方法で骨盤ガードルを着用していると、過度の腹圧が加わって産後のデリケートな身体にダメージが加わります。

骨盤ガードルの正しい履き方や使い方について説明していますので、一度チェックしておきましょう。

生地を傷めないように優しく履く

まず最初に、骨盤ガードルの基本的な履き方から見ていきましょう。

  1. 骨盤ガードルのウエスト部分と裾部分を折り返す
  2. 脚に通して履いてからウエストと裾の部分を伸ばす
  3. ウエストから中に手を入れて太もものお肉をヒップの中央部分に持ってくる
  4. しっかりと上に引き上げて身体にフィットすれば完了

ショート丈なのかロング丈なのかで、骨盤ガードルの履き方は変わります。

でも、基本的には生地を傷めないようにして脚から優しく履けばOKです。

履いてみた後に上手く自分の身体にフィットしない時は骨盤ガードルのサイズ選びが間違っている可能性がありますので、違う製品を選んだり別のサイズに取り替えたりした方が良いでしょう。

下着の上から履く

骨盤ガードルの使用者の意見を見てみると、素肌に直接履く人と下着の上から履く人の2通りに大きくわけられます。

骨盤ガードルの使い方は明確に決まっているわけではありませんが、次の理由で下着の上から履く方法がおすすめ。

骨盤ガードルを下着の上から履くのがおすすめな理由

  • 骨盤ガードルの生地や素材が肌に合わないとかゆみやかぶれなどの症状が出やすくなる
  • 直に骨盤ガードルを履くと汚れが積み重なって傷みが早くなる(取り替えるまでの期間が短くなる)
  • 女性は毎月の生理やおりもので下着を取り替える機会が多い(その都度骨盤ガードルを履き替えるのはとても大変)

産後の女性の中で、「以前とは違って肌トラブルで悩まされるようになった・・・」という方はいませんか?

今までと同じお手入れをしていても、分泌される女性ホルモンの影響で肌質が変わり、肌トラブルが加速するケースは多々あります。

骨盤ガードルの生地が肌に合わないこともありますので、普段からお使いの下着の上から着用した方が良いわけです。

骨盤ガードルの傷みを抑えるためにも、直履きはできる限り避けた方が良いでしょう。

もちろん、身体に負担をかけない程度に締め付けて骨盤の歪みの矯正をサポートしてくれますので、下着の上からでも効果は十分に期待できますよ。

朝から夜まで一日中に渡って履いてOK

骨盤ガードルは、基本的に朝から夜まで一日中に渡って着用してもOKです。

ギュウギュウのサイズの骨盤ガードルを選んでいなければ、長い時間に渡って履いていても過度の腹圧が加わる心配はありません。

今までの生活に骨盤ガードルを取り入れることで、産後に歪んだ骨盤が正常な位置に戻るための回復力を高められます。

ただし、骨盤ガードルを着用して自宅で過ごしていて、少しでも辛いな~と感じたら無理に履き続けてはいけません。

骨盤ガードルは、締め付けの強さで次の2種類の製品にわけられます。

  1. 締め付け感が少なくて楽な付け心地のソフトタイプの骨盤ガードル
  2. 締め付けが強い代わりに補正効果が強いハードタイプの骨盤ガードル

ハードタイプの骨盤ガードルは装着時間が長いと苦しくなる恐れがありますので、こまめに外した方が良いです。

また、骨盤ガードルはどのタイプの製品でも起きている時に着用するアイテムですので、夜の寝る時は必ず外してください。

産後の骨盤の歪みを矯正する目的なら6ヵ月~1年間に渡って使う

産後の骨盤の歪みを矯正する目的で骨盤ガードルを使う女性は、6ヵ月~1年間を目安に着用するのが正しい使い方です。

骨盤ガードルはいつまで履けば良いのか明確に決まっているわけではありませんが、産後6ヵ月くらいの期間が経過すると自然と体型が落ち着いてきます。

長く見て産後1年が経過すれば筋肉や靭帯は妊娠前と同じ状態に戻りますので、産後6ヵ月~1年間は継続して骨盤ガードルを使って骨盤ケアに取り組んでみましょう。

※骨盤ガードルを産後いつからいつまで着用すれば良いのかわからない方は、こちらのページをご覧になってください。

関連記事

産後のリフォームインナーは、骨盤ガードルや骨盤ショーツなど様々なタイプがあります。 どの製品を着用するにしても、出産で歪んだ骨盤を正しい位置に戻すサポートをしてくれるのが大きなメリットですね。 ※骨盤ガードルの着用によるメリット[…]

骨盤ガードルは正しい使い方と選び方の両方が大事!

骨盤の歪みをケアする骨盤ガードルは、正しい使い方と選び方の両方が大事ですね。

自分の体型に合うベストな骨盤ガードルを選んで正しい方法で着用していると、ポッコリお腹や下半身太り、腰痛や肩こりなど産後に悩まされやすい症状が緩和していきます。

骨盤ガードルの選び方のポイントは次の4つです。

骨盤ガードルを選ぶポイント

  1. キツすぎず緩すぎないサイズを選ぶ
  2. 締め付けの具合で比較する
  3. 使われている生地や素材で比較する
  4. 自分が補正したい部位で比較する

ウエストは胴部の一番細いところの周囲、ヒップは腰部の一番太いところの周囲を床面に対して水平に測ると、自分に合うサイズの骨盤ガードルがわかります。

身体をキュっと引き締めて美ボディを目指せるマジカルシェリー骨盤ショーツは、「Mサイズ」「Lサイズ」「XLサイズ」「XXLサイズ」の4種類から選択可能です。

どんな体型の女性でも自分に合うサイズの製品で骨盤ケアを始められますので、是非一度マジカルシェリー骨盤ショーツを購入してみてください。

骨盤ガードルの正しい履き方や使い方 まとめ

以上のように、骨盤ガードルの効果を最大限に引き出す履き方や使い方についてまとめました。

そこまで神経質にならなくても大丈夫ですが、

  • 下着の上から骨盤ガードルを着用する
  • 寝ている時は骨盤ガードルを着用しない

という2点は絶対に押さえておくべきです。

産後の女性は体質の変化で様々な悩みが生じやすいので、骨盤ガードルを使って骨盤の歪みを正す努力をしてみてください。

最新情報をチェックしよう!
Sponcerd Link