毎日の生活に役立つ情報を発信するサイト Lifeary

骨盤ガードルを着用する前に押さえておきたいメリットとデメリット

骨盤ガードルは、身体の健康維持をサポートしてくれる女性用のアイテムです。

産後の女性のケアアイテムとして有名ですが、「本当に履いた方が良いの?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

そこで、以下では骨盤ガードルを履くべき理由やメリットについて詳しく説明していきます。

Sponcerd Link

骨盤ガードルは履くべき? メリットについてまとめてみた

今は妊娠中の女性も今後の生活で役に立ちますので、骨盤ガードルが何に良いのか見ていきましょう。

メリット1:骨盤の歪みの矯正をサポートしてくれる

骨盤ガードルの一番のメリットは、骨盤の歪みの矯正サポートです。

産後の母体の回復で鍵を握っているのは、骨盤と言っても過言ではありません。

産後の骨盤が一体どのような状態になるのか簡単にまとめてみました。

  1. 女性の身体は妊娠すると骨盤腔内を広げるホルモンのレラキシン(リラキシン)が分泌される
  2. 骨盤関節部の靭帯が緩くなって骨盤腔内の胎児が正常に育つ
  3. 産後はオキシトシンと呼ばれるホルモンの分泌で緩くなった靭帯が数ヵ月かけて元に戻る

多くの女性は産後に自然と元の位置に骨盤が戻っていきますが、日常動作における姿勢やクセが原因で歪みが起こることがあります。

身体が回復しようとする力を無理なく手助けしてくれるアイテムが骨盤ガードルですね。

ズレた位置で骨盤が固まると下記の項目で説明しているトラブルが引き起こされやすくなりますので、産後の女性に骨盤ガードルは欠かせません。

メリット2:産後の下半身太りを予防できる

産後のママの多くは、下半身太りで悩まされる傾向があります。

「ダイエットに取り組んでも中々元の体型に戻らない」と嘆く女性は多いのではないでしょうか。

そもそも、なぜ産後の下半身太りの症状が引き起こされるのか、いくつかの理由を挙げていきます。

産後に下半身太りする理由

  • 骨盤の開きや歪みによってお尻のサイズが大きくなる
  • 運動不足による影響で下半身の筋肉が衰えている
  • 食生活の乱れで水分や塩分を過剰摂取している

中でも産後の下半身太りは骨盤の歪みが大きな原因で、「内臓の位置が下がる」⇒「新陳代謝が低下する」⇒「脂肪が燃焼されにくい体質になる」というメカニズムです。

骨盤ガードルを着用すると、上記でも説明したように骨盤を正しい位置に戻すサポートをしてくれます。

その結果として新陳代謝が向上し、脂肪の燃焼が効果的に行われて下半身が太っている状態が改善されていくのです。

産後に無理な食事制限によるダイエットをすると授乳時に赤ちゃんに十分な栄養を与えられなくなりますので、体型の乱れは骨盤ガードルで解消してみましょう。

メリット3:腰痛の症状を和らげられる

赤ちゃんを出産してからというもの、腰痛の症状が酷くなったと感じている女性は少なくありません。

これは出産による影響で骨盤周りが緩み、ズレが生じて自分の体重を支える力が戻っていないのが理由です。

腰痛だけではなく肩こりで苦しむ産後の女性もいますが、骨盤ガードルを着用すると次のメカニズムで症状を和らげることができますよ。

骨盤ガードルのメカニズム

  1. 骨盤ガードルの着用で骨盤が少しずつ正しい位置に戻る
  2. 骨盤が正しい姿勢で自分の体重を支えられるようになる
  3. 身体全体のバランスが元の状態に戻っていく
  4. 身体に無理な力が加わりにくくなって、腰痛や肩こりの症状が緩和する

産後の辛い腰痛や肩こりを和らげられるのは、骨盤ガードルの大きなメリットです。

将来的な腰痛の悪化の予防としても、骨盤ガードルは十分に役立つのではないでしょうか。

ただし、骨盤ガードルに腰痛や肩こりを治療する効果はありませんので、あまりにも症状が酷い女性は専門医に診てもらうべきです。

メリット4:ポッコリお腹を引き締めてくれる

ポッコリとしたお腹のたるみは、産後の女性が悩まされやすい症状です。

なぜ産後にポッコリお腹になりやすいのか、いくつかの理由を見ていきましょう。

  • 妊娠中に胎児の成長で子宮が30㎝以上膨らみ、子宮収縮の繰り返しで元に戻っていく
  • 子育てで運動不足の状態が続くと、摂取したエネルギーを消費できずにぜい肉に変わっていく
  • 育児によるストレスやホルモンによる影響で食欲が増加しやすい(個人差あり)
  • 女性ホルモンの分泌バランスが変化して内臓が下に落ちて下腹部がポッコリする

「産後は妊娠前の状態に戻ると思ったのに、体重は落ちないしお腹もポッコリしている・・・」と悩む女性は意外にも多いですね。

そこで、出産後に骨盤ガードルを着用すると、骨盤に加えてお腹付近もしっかりと引き締められます。

ポッコリお腹やたるみは産後しばらくして自然と元に戻っていきますが、その回復力を高める目的で骨盤ガードルを使ってみてはいかがでしょうか。

メリット5:脚やせ効果が期待できる

骨盤ガードルは、脚やせ効果も同時に期待できるアイテムです。

ウエストやお腹を引き締めてくびれを作ったり、お尻をキュっと引き上げてヒップアップしたりといった効果だけではありません。

スラっとした理想の脚を手に入れて、メリハリのあるボディラインを手に入れるサポートをしてくれるのは骨盤ガードルのメリットです。

産後に骨盤ガードルを着用し、「脚がキュっと細くなった」「ジーパンがスっと履けるようになった」と感じている女性はたくさんいます。

脚やせ効果を得たいのであれば、ロング丈タイプの骨盤ガードルを選びましょう。

Dr.MediShape レギンス

Dr.MediShape レギンスは、骨盤から脚にかけての部位を引き締めてスッキリをサポートしてくれるロング丈の骨盤ガードルです。

骨盤周りをサポートしながらもパンパンにむくんだ脚にも働きかけてくれますので、Dr.MediShape レギンスを着用して理想のボディを目指してみてください。

メリット6:冷え性の症状を和らげられる

産後のママの身体は、普段よりも冷えやすい特徴があります。

なぜ産後に冷え性の症状が悪化しやすいのか、考えられる理由をまとめてみました。

  • 出産による骨盤の歪みで筋肉が緊張している
  • 筋肉量の減少で熱の生産量が少なくなっている
  • 運動不足による影響で血行不良を引き起こしている
  • 育児のストレスや疲れで体温調整機能を担う自律神経が乱れている

下半身が冷えると女性の天敵とも言えるセルライト(脂肪細胞の結合で肌がデコボコする状態)の原因になりますので、骨盤ガードルを使いましょう。

骨盤ガードルを着用すると、「骨盤の歪みの矯正で筋肉の緊張を和らげられる」「保温効果で下半身を温められる」という2つの側面で冷え性を和らげることができますよ。

冷え性の緩和で血行が良くなれば余分な水分が流れやすくなりますので、自然にダイエットしたい女性にもおすすめです。

骨盤ガードルを着用する前に押さえておきたいデメリットはこれだ!

補正下着効果を持つ骨盤ガードルに、様々なメリットがあるとおわかり頂けましたか?

ダイエット効果を高めて下半身太りを解消したり、腰痛や冷え性の症状を和らげたりと産後の女性が抱えやすい悩みに働きかけてくれます。

しかし、骨盤ガードルには思わぬデメリットがありますので注意しないといけません。

骨盤ガードルのどのような部分が良くないのか見ていきましょう。

  • 骨盤周りへの締め付けが強すぎて血流の補助をしてくれるはずが逆に滞ってしまう
  • 他の下着よりも窮屈感があって着用によってストレスが溜まる
  • 敏感肌の女性は肌がかゆくなったりかぶれたりとトラブルが引き起こされやすい
  • 下着と同様に消耗品なので定期的に買い替える必要がある

骨盤ガードルの選び方が間違っていると、デメリットは大きくなります。

「何でも良いでしょ?」と考えて自分の体型のサイズに合わない骨盤ガードルを着用していると、「痛くて苦しい」「血行不良でむくみが進む」と逆効果です。

骨盤ガードルの効果をしっかりと引き出したい方は、正しい選び方で製品を選んでみてください。

※骨盤ガードルの正しい選び方は、こちらのページで詳しく解説しています。▽

関連記事

骨盤ガードルとは、ベルトとボディを整えるガードル機能が搭載された女性用の下着で、産後の骨盤をサポートする機能を持ち合わせています。 女性の身体は妊娠や出産で大きく変化しやすく、その代表的な部位が骨盤ですね。 骨盤は寛骨(かんこつ[…]

骨盤ガードルを着用する前に押さえておきたいメリットとデメリット まとめ

以上のように、産後の女性が骨盤ガードルを着用するメリットとデメリットについてまとめました。

産後の女性は骨盤の歪みで下半身太りやポッコリお腹、腰痛や肩こりなどの症状で悩まされやすいのですが、骨盤ガードルが悩み解消のサポートをしてくれます。

産後のママ以外の女性にも効果的なアイテムですので、毎日の生活に骨盤ガードルを取り入れてみてください。

最新情報をチェックしよう!
Sponcerd Link