毎日の生活に役立つ情報を発信するサイト Lifeary

産後の腰痛に骨盤ガードルがおすすめの理由

腰痛は産後の女性が悩まされやすいトラブルの一つです。

「私は産後2ヵ月くらい腰痛の症状が続きました」「私は痛だるいような腰痛が続いています」と腰痛を訴える産後の女性は少なくありません。

そもそも、腰痛とは腰からお尻にかけての痛みや張りといった不快感を引き起こす症状で、「筋肉の異常」「心身症ストレス」「内臓の疾患」など発症の原因には個人差があります。

このページでは、産後に腰痛が引き起こされやすい原因について詳しくまとめてみました。

Sponcerd Link

産後に腰痛が引き起こされやすい原因

では具体的にどんな原因があって、産後の腰痛が引き起こされやすいのでしょう。

原因1:妊娠中のダメージが続いている

女性の身体は妊娠によって大きく変化しやすく、以前は何ともなくても腰痛を引き起こす方はいます。

なぜ妊娠中に腰痛になりやすいのか、考えられる原因を見ていきましょう。

腰痛になりやすい原因

  1. 妊娠中は赤ちゃんが産道をスムーズに通るために、ホルモンの影響で骨盤や関節が緩む
  2. 同時に大きくなったお腹を支えるために反り腰の状態になりやすい
  3. 腰や背中の部位に負荷が加わった状態が長く続く

妊娠中に受けた腰や背中へのダメージは、出産してからすぐに治るわけではありません。

つまり、妊娠中に受けたダメージが続きやすいため、産後も腰痛で悩む女性が多いのです。

原因2:分娩中による影響

分娩中は約3㎏の赤ちゃんの体重に合わせて、骨盤や関節が開いて分娩に対応します。

赤ちゃんが大きかったり骨盤のバランスが悪かったりすると、身体への負担が更に大きくなりやすいのです。

その影響で腰の部分に負荷が加わり、産後に腰痛が続くケースは少なくありません。

妊娠中に元々腰痛が酷かった女性は、分娩中による影響で骨盤が更に歪んで痛みが加速する恐れがあります。

原因3:育児による影響

育児中は何かと忙しく、自分の身体を構っている暇はありません。

赤ちゃんの沐浴をしたり授乳したりと、産後の女性はやるべきことがたくさんあります。

妊娠中や分娩中に負担がかかった腰を休ませる時間がないと、産後に腰痛の症状が悪化しやすいようです。

下の子の育児をしながら上の子の面倒も同時に見ているママは、更に腰痛が慢性化しやすいので気を付けないといけません。

産後の腰痛に骨盤ガードルがおすすめの理由はこれ!

産後の腰痛の症状で悩んでいる女性には、骨盤ガードルの使用がおすすめです。

原因不明の腰痛を発症している方はいますが、産後の女性は出産による骨盤の歪みが引き金になって痛みが出ていると考えられます。

骨盤の歪みによって生じる腰痛は次の2つで、それぞれの特徴を見ていきましょう。

骨盤の歪みによる腰痛はこの2つ

  1. 腰椎に不均衡な力が加わってクッションの働きをする椎間板の変形で生じる腰痛(坐骨神経痛)
  2. 腰椎の周辺の筋肉に緊張が加わって硬くなることで引き起こされる腰痛(筋筋膜性腰痛)

妊娠中に緩んだ骨盤は、産後時間をかけてゆっくりと戻っていきます。

しかし、産後すぐに元の状態に戻るのではなく、半年間以上の期間がかかるのです。

そこで、骨盤をサポートして補正してくれる骨盤ガードルが役立ちます。

骨盤ガードルを着用すると妊娠や出産で歪んだ骨盤を手軽にケアできますので、腰痛の悪化を予防したり症状を緩和したりできるのです。

産後半年くらいまでは靭帯が柔らかくなっていますので、骨盤ガードルによる骨盤矯正の効果が出やすくなります。

この時期にしっかりと骨盤のケアに取り組んでいれば、腰痛が慢性化するリスクを防げるのではないでしょうか。

産後におすすめの骨盤ガードルは?

骨盤ガードルは産後の腰痛や姿勢の悪さで悩む女性だけではなく、下記に該当する方にもおすすめです。

骨盤ガードルはこんな女性におすすめ!

  • 下腹部のポッコリや脂肪を何とかしたい
  • 産後の下半身太りが気になる
  • 尿漏れの症状が気になる

骨盤の歪みを無理なく矯正し、産後の様々なトラブルから守ってくれますよ。

メディアで注目されているDr.MediShape レギンスは、産後におすすめの骨盤ガードルです。

Dr.MediShape レギンス

Dr.MediShape レギンスは、東京産婦人科の女医である結城先生も推奨しています。

最先端のテクノロジーを駆使した着圧力で負担を軽減し、同時に骨盤を360度全方位からサポートしてくれるのが大きな強みです。

産後の腰痛や下半身太りは骨盤の歪みで引き起こされているケースが多いため、普段の生活の中に骨盤ガードルのDr.MediShape レギンスを取り入れてみてください。

産後の腰痛が酷い人は病院に行こう!

骨盤ガードルはあくまでも骨盤ケアグッズですので、腰痛を治療する効果はありません。

産後の体型に合わせて設計されている骨盤ガードルも現在では増えていますが、劇的な変化を得るのは不可能です。

そのため、産後の腰痛が酷い人は自分であれこれと対策するのではなく、早めにかかりつけの病院を受診して、医師に診せてください。

骨盤ガードルの着用で骨盤の歪みが自然に良くならなかった場合、自力で治すのは不可能です。

産後に無理をしすぎていると、更年期に入ってから更に腰痛が酷くなったり、次の子の妊娠時に早期から腰痛の症状が出たりと様々な弊害があります。

病院や整体では骨盤矯正の治療を受けることができますので、専門医の指示に従って正しい対策を行ってみてください。

産後の腰痛に骨盤ガードルがおすすめの理由 まとめ

以上のように、産後に腰痛の症状が出やすい原因と骨盤ガードルを使うべき理由についてまとめました。

骨盤の歪みを矯正して様々な不調から守ってくれる骨盤ガードルは、産後の女性に欠かせないアイテムですね。

腰痛の悪化で日常生活に支障が出るケースも少なからずありますので、是非一度骨盤ガードルを使ってみてください。

最新情報をチェックしよう!
Sponcerd Link