毎日の生活に役立つ情報を発信するサイト Lifeary

垂れ乳の原因まとめ!ナイトブラの着用で解消できる?

Sponcerd Link

垂れ乳とは?判断基準はある?

垂れ乳とは、ピンとした上向きの状態とは違って垂れ下がっているバストのことを指します。

「10代の頃はハリがあったのに40歳を過ぎてから垂れて元気がなくなっている…」と悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

バストの美しさは大きさだけではなく、見た目や形状でも決まりますよね。

そこで、まずはどのような状態が垂れ乳なのか判断基準から見ていきましょう。

垂れ乳の判断基準

  • バスト全体の位置が下がっている
  • バストのボリュームがなくなっている
  • バストのハリが失われている
  • バストの上部が削げている
  • ブラのカップとバストに隙間が形成されている
  • 乳首が下向きの状態になっている
  • バストの下部分もたわんでいる
  • バージスラインが広くなっている

女性のバストはたるんでいるよりも、ハリがあって上向きの状態の方が美しいものです。

若い頃のバストの美しさをキープしたいのなら、垂れ乳が始まったサインを見逃してはいけません!

垂れ乳になる原因をまとめてみた

垂れ乳は様々な原因で引き起こされる傾向があります。

複数の要因が積み重なり、「昔よりも垂れ下がってきた…」と感じている女性も少なくありません。

このページでは垂れ乳になる原因をまとめていますので、一度目を通しておいてください。

Sponcerd Link

年齢を積み重ねたことによる加齢変化

出典:ラブ、エイジング。

垂れ乳は肌にシワやシミができるのと同じで、年齢を積み重ねたことによる加齢変化が大きな原因です!

20代⇒30代⇒40代と年齢を重ねるにつれて、垂れ乳になるリスクは上がりますよ。

では、なぜ加齢による変化でバストが垂れ下がっていくのか、メカニズムについて簡単にまとめてみました。

こんな原因でおっぱいは垂れてしまいます

  • バストの土台になる筋肉の大胸筋が衰えて、乳房全体を支えているコラーゲン繊維のクーパー靭帯が伸びたり切れたりしている
  • 乳腺の発達に欠かせない女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少している(乳腺の発達で周りに脂肪がついてハリのあるバストになる)

垂れ乳は、クーパー靭帯の伸びや切れと女性ホルモンの減少が深く関わっています。

30代~40代に差し掛かるとクーパー靭帯が伸びてバストラインの崩れを引き起こします。

同時に乳腺の発達に関わるエストロゲンの分泌量が自然と減少していくので、多くの女性は垂れ乳の悩みを抱えてしまうのです。

普段から着用しているブラジャーのサイズが合っていない

「バストを支えてくれればどんなサイズのブラジャーでも良いか」と言う感じでブラジャーを選んでいる女性はいませんか?

ですが、普段から着用しているブラジャーのサイズが合っていないと、下記の理由で垂れ乳の大きな原因になります。

ブラのサイズがあっていないと垂れ乳の原因になります

  1. ブラジャーのサイズが大きすぎたり小さすぎたりする
  2. 日常生活でバストをしっかりホールドできない
  3. 乳腺と脂肪を支えているクーパー靭帯にダメージが加わる
  4. バストの形状をキープできなくなって垂れ下がっていく

クーパー靭帯は強い組織ですので、少々の揺れや刺激で切れてしまうことはありません。

それでも、日々のダメージと加齢による影響の両方が重なると、クーパー靭帯の力が弱まってバストが垂れ下がっていきます。

ですので、

  • ブラジャーを着用してもフィット感がない
  • バストがカップの中におさまっていない
  • しばらく自分のバストのサイズを測っていない

こういった女性は要注意です!

Sponcerd Link

ノーブラの状態で過ごす頻度が高い

「楽だから」「快適だから」という理由で、自宅では常にノーブラという女性は多いのではないでしょうか。

ノーブラは確かに圧迫感がありませんが、ブラジャーは胸の形を整えたりバストをキレイにしたりといった役割を持っています。

ブラジャーによる支えがない状態が長く続くと、バストが重力で下に落ちて垂れ乳の原因になりやすいのです。

そのため、スポーツをしている時や睡眠時は特にブラジャーを着用し、バストをしっかりと支えてあげてください。

猫背で姿勢が悪い

猫背で姿勢の悪い女性は、垂れ乳で悩まされやすい傾向があります。

姿勢の悪さとバストにどのような関係性があるのか要チェックです。

姿勢の悪さとバストの関係

  1. 猫背の女性は背中が丸まって首が前に突き出た状態になる
  2. 胸の筋肉に繋がる血管が圧迫されて血流が悪化していく
  3. バストの成長に必要な栄養素や酸素が行き届きにくくなる
  4. バストはだんだんとハリを失っていく

胸全体のハリが失われていくと、少しずつ下垂れしていく仕組みですね。

周りの人から猫背を指摘されたことのある女性は、垂れ乳になりやすいので気をつけてください。

バストの肌が乾燥して潤いがない

バストの肌の表面的な潤いが失われるのは、垂れ乳の原因の一つです。

ここでは、肌の乾燥による潤い低下とバストの関係性について解説していきます。

肌の乾燥とバストの関係

  1. バスト付近の肌が乾燥してカサカサの状態になっている
  2. 年齢を重ねると肌から水分が失われやすい傾向がある
  3. 肌表面のハリが失われてバストの上部が削げてくる
  4. 次第にバストが垂れ下がっていく

元々乾燥肌の女性やデコルテ・バストの保湿ケアを怠っている女性ほど、垂れ乳のリスクが高いと心得ておきましょう。

出産や授乳でバストに急激な変化が起こっている

これは加齢による影響と一緒で致し方ない部分はありますが、出産や授乳も垂れ乳の原因です。

産後の女性で、「昔よりもバストが垂れ下がってしまった…」とショックを受けている方は少なくありません。

出産前はバストにハリがある状態でも、女性の身体は妊娠するとバストのボリュームが増していきます。

個人差はありますが、「妊娠してから2カップ~3カップくらいサイズが大きくなった」という女性も多いのではないでしょうか。

バストのサイズが大きくなるのと同時に、皮膚も一緒に引き伸ばされていきます。

ですが授乳後は元のバストサイズに戻りやすく、しかも伸び切ってしまった皮膚はそのままの状態です。

バストや皮膚に急激な変化が引き起こされますので、産後の女性や卒乳したママは垂れ乳になりやすくなります。

ナイトブラの着用で垂れ乳を解消できる理由

鏡で垂れた自分のバストを見て、「昔の形やハリを取り戻すことはできないのか…」と疑問を抱えている女性はいませんか?

乳腺と脂肪を支えているクーパー靭帯は、一度伸びたり切れたりすると元に戻らない特徴があります。

ですが、

ナイトブラの着用によるバストケアを念入りに行っていれば、垂れ乳の解消は十分に可能です。

睡眠時に使用する下着のナイトブラは、女性から高い人気を誇っています。

以下では、ナイトブラの着用で垂れ乳を解消できる理由をまとめてみました。

垂れ乳にナイトブラが良い理由

  • 寝ている時にバストにかかる重力を支えて、正しい位置に固定する機能を持っている
  • 寝返りでバストの脂肪が脇や背中に流れるのを未然に防いでくれる
  • 乳腺組織や脂肪組織が脇に流れないようにしているクーパー靭帯を保護できる

ナイトブラは、リラックスタイムや就寝中のバストの崩れを防いでくれる嬉しいアイテムです。

丸みのある胸のまま身体にしっかりフィットしてくれますので、垂れ乳の対策でナイトブラは欠かせません。

垂れ乳の女性におすすめのナイトブラはこれ!

エレアリーナイトブラ

ナイトブラと一口に言っても、現在では実店舗やネット通販で様々なタイプの製品が販売されています。

垂れ乳やバストの垂れ下がりで悩んでいる女性には、下記に該当するナイトブラの使用がおすすめです。

垂れ乳に悩んでいる女性にはナイトブラがおすすめ!

  • バストの脂肪が下方向に流れるのを食い止める機能を持っている
  • 脇や背中、お腹のお肉を寄せ上げてキープする補正力を持っている
  • 長持ちする素材や生地を使って作られている
  • 自分のバストや体型に合うサイズが用意されている

自分に合う1枚のナイトブラを選び、睡眠時に着用していればバストの垂れ下がりを防いでくれます。

「ピンと張った上向きのバストを手に入れたい」「垂れ乳になるのを防ぎたい」という女性は、20万人の期待に応えたエレアリーナイトブラを使ってみましょう。

着けて寝るだけ! ボリュームが実感できる【エレアリーナイトブラ】
5

商品名 エレアリーナイトブラ
販売会社 株式会社イッティ
1枚の値段 4,512円+送料
セット値段 3枚セット:送料無料の10,828円
サイズ展開 「Sサイズ」「Mサイズ」「Lサイズ」
カラー 「ブルー」「ブラック」「ピンク」
生地 「本体:ポリエステル100%」
「レース:ナイロン90%・ポリウレタン10%」
おすすめ度 ★★★★★

エレアリーナイトブラは、しっかりと寄せて上げて上向きの美バストを作るバストアップアジャスターがついています。

脇や背中に流れがちなバストを包み込むサイドボリューミーアップ構造も、垂れ乳の女性に向いている理由です。

独自の特殊構造で美しいバストをキープできますので、ナイトブラの選び方で悩んでいる方はエレアリーナイトブラを試してみてください。

ナイトブラ以外に実践したい垂れ乳解消法

垂れ乳を解消したい女性は、ナイトブラの着用以外にも次の対策を行ってみましょう。

ナイトブラ以外の垂れ乳対策!

  • トップバストからアンダーバストを引いた差でカップサイズを測り、自分に合うブラジャーを着用する
  • ジョギングや筋トレなどの激しい運動をする時は、バストを固定してくれるスポーツブラを使う
  • バストアップクリームとマッサージを併用して乳腺を刺激し、バストのハリを戻す
  • ピンと背筋を伸ばす姿勢をキープし、血流や重力がバストに加わらないようにする
  • 妊娠中や産後の女性は、バストのサイズの変化に合わせてブラジャーを買い替える

あらゆるアプローチでバストケアを行えば、垂れ下がりを防いで美しいラインをキープできます。

垂れ乳の原因まとめ!ナイトブラの着用で解消できる? まとめ

バストの垂れ下がりは、加齢による影響やブラジャーの間違った選び方、姿勢の悪さや肌の乾燥など様々な原因で引き起こされます。

「一度垂れ乳になったら元に戻らないのでは…」と諦めている女性はいますが、ナイトブラの着用で解消可能です。

ナイトブラは垂れ乳で悩む女性にピッタリのバストケアグッズですので、毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

Sponcerd Link
最新情報をチェックしよう!