毎日の生活に役立つ情報を発信するサイト Lifeary

下半身が痩せないのはなぜ?おすすめのダイエット方法はこれ!

女性の中で、次のように下半身のスタイルで悩んでいる方はいませんか?

  • 下半身がボテっと太いのがコンプレックス
  • 脚やふくらはぎが太くてスカートを履けない
  • せっかくダイエットを頑張ったのに下半身は細くならない

多くの女性は、上半身に比べて下半身が痩せにくいと実感しています。

そこでこのページでは、下半身が痩せない原因とおすすめのダイエット方法についてまとめてみました。

Sponcerd Link

下半身が痩せないのはなぜなの?

まずは下半身がなかなか痩せない原因について詳しく見ていきましょう。

下半身は筋肉が占める割合が多い

私たちの身体は、上半身と下半身で次の違いがあります。

  • 上半身は脂肪分が多い
  • 下半身は筋肉が占める割合が多い

ダイエットをすると脂肪から減ってくるため、上半身は短期間でも効果が出やすいのです。

一方で下半身は脂肪ではなく筋肉が占める割合が多いので、上半身と比べて痩せ効果が出にくくなります。

つまり、下半身をスリムにしたいからといって闇雲に筋トレをしていると、逆に筋肉太りを引き起こして美脚とは言えない状態になりますので注意しましょう。

骨盤が歪んでいる

下半身が痩せない原因は、骨盤の歪みが深く関係しています。

骨盤とは、お尻や腰回りなど身体の中心を支えている骨のことです。

以下では、下半身が痩せない原因と骨盤の歪みの関係性について見ていきます。

  1. 座り仕事や立ち仕事が引き金になって姿勢が崩れている
  2. 姿勢の悪さが原因で少しずつ骨盤の歪みに繋がりやすい
  3. 骨盤を支える筋肉の衰えも合わさってお尻や太ももが太く見える

普段通りに立ち、「耳や肩」「腰」「手首」「膝」「かかと」のいずれかの部位が曲がっていると、骨盤の歪みが生じているサインです。

セルライトが付きやすい

下半身が太くなって痩せない理由は、セルライトも関係しています。

セルライトは太ももやお腹などの部位に見られる凸凹とした皮膚の変化で、皮下脂肪そのもののことです。

一口にセルライトと言っても、次の4種類に大きくわけられます。

セルライトは4種類

  1. 脂肪の蓄積が原因で引き起こされる「脂肪型セルライト」
  2. むくみや冷え体質の女性が悩まされやすい「むくみ型セルライト」
  3. 脂肪が固まって皮膚の凸凹が目立つ「線維化型セルライト」
  4. 筋肉質の人が運動をやめた影響で筋力が低下して生成される「筋肉質型セルライト」

セルライトの種類で違いはありますが、下半身に付きやすい点では一緒ですね。

脂肪の中でも、セルライトはダイエットの天敵と言っても過言ではありません。

様々な脚痩せグッズや有酸素運動を試しても中々脚が細くならないのは、蓄積されたセルライトが関係しています。

※女性に人気の脚痩せグッズについてはこちらのページをチェック!

関連記事

スッキリと細い美脚に憧れている女性は多いのではないでしょうか。 薄着や水着を着用する季節は特に、スラっとした細い脚を披露したいですよね。 脚痩せ効果を実現するには、骨盤の歪みを解消したり下半身の冷えを予防したりと様々な方法があり[…]

冷え性の症状が悪化している

冷え性の症状が悪化している女性は、下半身が痩せない大きな原因です。

下半身太りや下半身の疲れは、下記のように身体の冷えが大きく関係しています。

  1. 女性は筋肉量の少なさや女性ホルモンによる影響で身体が冷えやすい
  2. 下半身が冷えていると血行不良で血液の循環が悪くなる
  3. そのせいで脂肪がつきやすくなって更に落ちにくくなる

冷えで血流が悪化して脂肪が蓄積し、筋肉が硬くなると下半身が太く見えやすくなる仕組みです。

放置していると足腰の疲れが増幅して負のスパイラルに陥りやすくなりますので、冷え性の症状を甘く見てはいけません。

精神的なストレスが溜まっている

下半身に限った話ではありませんが、「中々痩せない」「脚が太い」という女性は精神的なストレスが溜まっている傾向があります。

仕事やプライベートでイライラして、暴飲暴食をした経験のある女性はいませんか?

ストレスが引き金になって自律神経が乱れると、食欲が増す傾向があります。

食欲が増して暴飲暴食をすれば体重が増えますので、下半身に脂肪がついて余計に痩せにくくなるわけです。

下半身痩せにおすすめのダイエット方法はこれ!

太ももやふくらはぎなどの下半身は、上半身と比べて痩せにくいのが厄介なところです。

ですが、辛い筋トレをしなくても無理なく下半身痩せの効果を実感することはできます。

ここでは下半身痩せにおすすめのダイエット方法を紹介していますので、是非一度チャレンジしてみてください。

骨盤ガードルの着用で下半身を引き締める

骨盤ガードルは下半身のシルエットを美しく見せる女性用の下着で、太ももやお腹周りをキュっと引き締めることができます。

体重を直接的に落とせるわけではありませんが、リフトアップ効果が期待できますので下半身痩せを目指している女性におすすめです。

自分の体型にフィットする骨盤ガードルを選んでいれば、気になるボディラインも理想のシルエットになりますよ。

骨盤ガードルと一口に言っても様々な製品がありますので、選び方で押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

  • 太もものシェイプやヒップラインの補正、お腹周りもケアしたいのであればロング丈の製品を選ぶ
  • 自分のボディサイズを測り、ウエストとヒップのサイズに合わせて比較する
  • 長時間に渡って履いていても苦しくない適度な締め付けの製品を選ぶ
  • 蒸れやかゆみが引き起こされないように通気性の良い生地を使っている

自分の悩みや体型に合う骨盤ガードルを使うのは、下半身痩せの効果を高める上でのポイントです。



おすすめの骨盤ガードルは Dr.MediShape レギンス

Dr.MediShape レギンスは累計150万枚を突破している骨盤ガードルで、「効果の高いレギンス第1位」「リピートしたいレギンス第1位」「口コミ評価高いレギンス第1位」と高い評判を獲得しています。

人間工学に基づいて設計されたAPDテクノロジーにより、下半身を引き締めてむくみとスッキリの両方をサポートしてくれるアイテムです。

「ダイエットしても下半身だけが痩せない」「年齢を重ねるごとに贅肉が落ちにくくなった」と悩んでいる女性は、Dr.MediShape レギンスを着用してみてください。

キレイな下半身を作る有酸素運動に取り組む

キレイな下半身のラインを作りたい女性は、日々の生活の中で有酸素運動を取り入れましょう。

有酸素運動は酸素を取り入れながら繰り返し行う継続的な運動で、体脂肪の消費をサポートしてくれます。

下半身痩せに効果的な有酸素運動は次の3つです。

運動 効果
ウォーキング 身体への負荷が少ない有酸素運動で、「背筋を伸ばす」「呼吸を整える」「20分間は行う」という点に気を配ると効果が高くなる
ジョギング ウォーキングに慣れてきた女性におすすめの運動で、消費カロリーが高いので短期間でも下半身の脂肪を燃焼できる
踏み台昇降 階段を一定のスピードで上り下りするメニューで、下半身のダイエット効果が非常に高い

闇雲に筋トレに取り組んでいると、筋肉太りで美しいプロポーションとはかけ離れた状態になります。

そのため、ウォーキングやジョギングを中心とする有酸素運動を行い、下半身を意識的に動かす努力をしてみてください。

下半身痩せに効果的なエクササイズを行う

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、基本的に外出しないとできません。

しかし、下記で紹介しているエクササイズであれば、自宅にいながらでも下半身痩せのダイエットができますよ。

エクササイズ 手順
ヒップリフト 仰向けに寝転がって脚を肩幅程度に開き、脚の裏全体で床を押し返すイメージで身体を浮かせて数秒間キープする
つま先立ちエクササイズ 脚と脚の間に隙間をあけて立ち、お尻に力を入れてつま先立ちをして上げ下げの運動を繰り返す
脚パカエクササイズ 仰向けの状態で両脚を天井に伸ばして左右をくっつけ、太ももに効いていると感じるまで大きく開いて数秒間キープする
タックアップ バンザイをした状態で仰向けになり、上半身と膝をできる限り近付けてお腹に力を入れて手と脚を持ち上げる

ちょっとしたスキマ時間にエクササイズをすると、脂肪の燃焼や血流の促進、冷え性の緩和など様々な効果を実感できます。

日々の努力で下半身痩せに繋がりますので、自分の気に入ったエクササイズを中心に行って美しいスタイルを目指してみてください。

下半身が痩せないのはなぜ?おすすめのダイエット方法はこれ! まとめ

下半身が痩せにくい原因と、下半身痩せにおすすめのダイエットの方法についておわかり頂けたでしょうか?

太ももやふくらはぎをスッキリとキレイに見せたいのであれば、有酸素運動やエクササイズなどの簡単なトレーニングが一番です。

短期間では変化を実感できないこともありますが、理想のスタイルの下半身を手に入れるには欠かせません。

もちろん、暴飲暴食を続けていると下半身だけではなく上半身も太りやすくなりますので、日々の食生活もしっかりと見直してください。

最新情報をチェックしよう!
Sponcerd Link