毎日の生活に役立つ情報を発信するサイト Lifeary

骨盤ガードルを履くと便秘を解消できる?下痢のリスクはある?

女性が便秘の症状で悩まされやすいのは、どうして?

便秘とは排泄の回数が少なかったり排泄物がお腹に滞ったりする病気で、「吐き気」「腹痛」「苦痛」「残便感」と症状は様々です。

毎日便通があったとしても、何かしらの苦痛があれば便秘だと定義されます。

便秘と一口に言っても、大きくわけると次の2種類です。

  1. 消化器官の機能低下が引き金で引き起こされる機能性便秘
  2. 腸閉塞や大腸ガンなどの病気が原因で起こる器質性便秘

便秘にはたくさんの種類がありますが、「お通じが悪い」「中々出せない」と悩んでいる女性は少なくありません。

なぜ女性が男性よりも便秘の症状で悩まされやすいのか、考えられる理由を見ていきましょう。

女性が便秘で悩まされやすい原因

  • 女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)が増えると、腸内の水分が不足しやすくなる
  • 筋力の低下で体内に滞っている便を体外に押し出すことができない
  • 骨盤の広がりで腸の位置が下がりやすく、形状が不安定になってぜん動運動が引き起こされにくくなる
  • 過度のダイエットで腸内環境を整える食物繊維の摂取量が不足しやすい

ホルモンバランスの崩れや骨盤の広がり、筋力の低下など男性とは身体の構造が違うため、便秘で悩む女性は多いですね。

Sponcerd Link

骨盤ガードルを履くと便秘を解消できるの?

「何をしても便通が良くならない」という産後の女性はいませんか?

個人差がありますので一概には説明できないものの、産後の女性が便秘になりやすいのは骨盤の後傾が原因です。

  • 猫背など悪い姿勢になることが多い
  • O脚で足が開いてしまっている
  • 腰痛や肩こりの症状がある

上記に該当する女性は骨盤の歪みで後傾し、腹筋の筋力が低下して便秘が発生しやすくなりますよ。

そこで、産後の女性は骨盤ガードルを履いて便秘の解消を目指してみてはいかがでしょうか。

骨盤ガードルは妊娠や出産で、開いたり歪んだりした骨盤を手軽にケアできる女性用のグッズです。

自分のサイズに合う骨盤ガードルを毎日着用するだけで、骨盤補正の効果が期待できます。

骨盤ガードルで骨盤後傾を矯正して元の正常な位置に戻すことができれば、内臓の働きが改善されて便秘の症状も次第に和らいでいくわけです。

もちろん、骨盤ガードルを着用してすぐに骨盤の歪みや開きの症状を矯正できるわけではありません。

長い時間がかかることもありますが、産後の女性の身体はとてもデリケートですので、闇雲に薬を服用して便秘を治すよりも体質改善を図る努力をした方が良いでしょう。

産後の便秘の効果的な解消法

女性は男性と比べてただでさえ筋力が弱いため、骨盤の歪みで便を排出する力が弱くなると便秘が慢性化しやすくなります。

便秘の悪化で日常生活に支障が出ることもありますので、骨盤ガードルに頼るだけではなく他の解消法も同時に実践してみましょう。

骨盤ガードルを履いて骨盤の歪みや開きを矯正しながら、次の対策を行うと便秘の症状が和らぎますよ。

自分でできる便秘対策

  • 毎日の食生活の中で水分と食物繊維を意識して摂取する
  • 善玉菌を増やすために乳酸菌やビフィズス菌を含む食べ物を食べる
  • 自宅で取り組めるストレッチやエクササイズで運動不足を解消する
  • ゆっくりと睡眠をとってストレスを発散する(自律神経の乱れを改善する)

健康的な腸内環境を手に入れることができれば、便秘で悩まされることが少なくなるということです。

母乳育児をしている産後の女性は特に、便秘薬の服用はなるべく避けないといけません。

あまりにも症状が辛い時はかかりつけの医師に相談した方が良いのですが、骨盤ガードルを着用したり食生活を見直したりして便秘の解消を目指してみてください。

骨盤ガードルに下痢のリスクはあるの?

骨盤ガードルを着用している女性の口コミを見てみると、「便秘は解消されたけど下痢になった」という意見がありました。

それは恐らく、自分の体型に合わないサイズの骨盤ガードルを履いてウエストを締め付け過ぎているからですね。

過度なウエストの締め付けは便秘を解消するどころか、腸の圧迫で便を押し出すぜん動運動に悪影響が生じ、消化が滞って下痢になりやすいので注意しないといけません。

また、骨盤の歪みを早く矯正したいからといって骨盤ガードルで締め付け過ぎていると、次の症状のリスクもあります。

骨盤ガードルの締めすぎによるリスク

  • 胃酸の流れが滞ってガスが充満し、逆流性食道炎を引き起こす
  • 胃の部分が強く圧迫されて吐き気や嘔吐の原因になる
  • 血流の悪化で身体の冷えやしびれの症状に繋がりやすい

健康とは程遠い状態になりますので、産後に使用する骨盤ガードルはサイズ選びが重要です。

自分の体型に合うサイズで適度な締め付け力の骨盤ガードルを選んでいれば、下痢が引き起こされる心配はありません。

適度な締め付け力なら、おすすめはDr.MediShape レギンス

Dr.MediShape レギンス

骨盤ガードルのDr.MediShape レギンスは、20秒間に1個は売れている人気の骨盤ガードルです。

伸縮性の高い生地の高級SPANDEXを他社の3倍も使っていますので、Dr.MediShape レギンスの着用で過度にウエストが締め付けられることはないでしょう。

産後の骨盤の歪みを矯正しながら美しい理想のボディを目指すサポートをしてくれるグッズですので、骨盤ガードルの選び方で迷っている女性はDr.MediShape レギンスを使ってみてください。

骨盤ガードルを履くと便秘を解消できる?下痢のリスクはある? まとめ

骨盤の歪みと便秘の関係性についておわかり頂けましたか?

骨盤後傾で腹筋の筋力が低下すると産後の女性は便秘の症状で悩まされやすいため、元の正常な位置に戻すサポートをしてくれる骨盤ガードルの着用が効果的です。

ですが、ウエストの過度な締め付けで下痢のリスクが高まりますので、骨盤ガードルのサイズ選びには気を配ってみてください。

最新情報をチェックしよう!
Sponcerd Link