毎日の生活に役立つ情報を発信するサイト Lifeary

東京都のゴミ袋(指定収集袋)の価格を調べてみました【2019年6月更新】

  • 2018年1月2日
  • 2019年7月28日
  • 生活
  • 2786view

一か月に出る燃えるゴミの量はどれぐらいですか? ご夫婦二人と小さいお子さん一人の3人家族の場合、一か月に出る燃えるゴミの量は20Lのゴミ袋10枚前後じゃないでしょうか。これが大きいお子さん三人の5人家族になると、40Lのゴミ袋10枚前後になると思います。

ゴミ出しが有料の地域の場合、市区町村が指定しているゴミ袋(指定収集袋)を購入してゴミ出しをしなければなりません。そこで、東京都内の市区町村における指定収集袋の金額を調べてみました。

TOP PHOTO : Banzai Hiroaki

Sponcerd Link

東京都 指定収集袋(もえるゴミ)のサイズと金額

東京都区部(23区)、多摩地域市部、西多摩郡に分けて、可燃ごみ用のゴミ袋10枚あたりの金額を掲載しています。
情報ソースは各市区町村の公式サイトです。

東京都区部(23区)

23区には以前「東京23区推奨ごみ袋」という制度がありましたが、平成21年3月31日に終了しています。現在は、

  1. 内容物が識別できる程度の透明度
  2. 耐水性があり丈夫
  3. 容量が90リットル以下

などの条件を満たすゴミ袋であれば、ゴミ出しをすることができます。

多摩地域市部

※2019年4月に小平市のゴミ出しが有料化。2019年6月現在、多摩地域市部において指定ゴミ袋が不要な地域は武蔵村山市のみです。

市区町村 5L 10L 20L 40L 備考
昭島市 70円 150円 300円 600円
稲城市 80円 150円 300円 600円
青梅市 70円 150円 300円 600円
清瀬市 70円 100円 200円 400円 5Lのみ20枚1セット
国立市 100円 200円 400円 800円
小金井市 100円 200円 400円 800円
国分寺市 100円 200円 400円 800円 バラ売り可
小平市 100円 200円 400円 800円 2019年4月から有料化
狛江市 100円 200円 400円 800円
立川市 100円 200円 400円 800円
多摩市 70円 150円 300円 600円
西東京市 75円 150円 300円 600円
八王子市 90円 180円 370円 750円 一部バラ売り可
羽村市 70円 150円 300円 600円
東久留米市 100円 200円 400円 800円
東村山市 90円 180円 360円 720円
東大和市 100円 200円 400円 800円
日野市 100円 200円 400円 800円
府中市 100円 200円 400円 800円
福生市 70円 150円 300円 600円
町田市 80円 160円 320円 640円
三鷹市 90円 180円 370円 750円
武蔵野市 100円 200円 400円 800円 一部バラ売り可
武蔵村山市 現在は無料
市区町村 5L 15L 30L 45L 備考
調布市 84円 273円 556円 840円 最大サイズが45L
市区町村 5L 10L 20L 30L 40L 備考
あきる野市 70円 150円 300円 450円 600円 サイズが5種類

西多摩郡

市区町村 10L 20L 45L 備考
奥多摩町 150円 300円 670円 サイズが3種類
市区町村 10L 30L 45L 備考
日の出町 150円 450円 670円 サイズが3種類
市区町村 5L 10L 20L 40L 備考
瑞穂町 70円 150円 300円 600円

燃えるゴミ用指定収集袋 10枚あたりの金額が一番高い地域は?

多くの市区町村で採用されている5L、10L、20L、40Lのサイズ展開で、指定収集袋の金額順に並べてみると下記のようになります。

順位 5L 10L 20L 40L 市町村
1位 100円 200円 400円 800円 国立市 小金井市 国分寺市
小平市 狛江市 立川市
東久留米市 東大和市 日野市
府中市 武蔵野市
2位 90円 180円 370円 750円 八王子市 三鷹市
3位 90円 180円 360円 720円 東村山市
4位 80円 160円 320円 640円 町田市
5位 80円 150円 300円 600円 稲城市
6位 75円 150円 300円 600円 西東京市
7位 70円 150円 300円 600円 昭島市 青梅市 多摩市
羽村市 福生市 瑞穂町
8位 70円 100円 200円 400円 清瀬市

1位の国立市(+他)と8位の清瀬市を比べてみると、5L以外の金額が倍ちがうのがわかると思います。

どうしてゴミ袋(指定収集袋)が高いの?

Army Photography Contest - 2007 - FMWRC - Arts and Crafts - Son in the Tub

ゴミ出しを有料化することによって、各一般家庭から出るゴミの減量が期待されています。

ゴミ出しが無料(手数料の乗っていないゴミ袋という意味で)の場合、ゴミが分別されないまま一緒くたに出されます。ゴミの分別においては過去、ゴミ処理施設で手作業にて分別をしている自治体もあったぐらい大変で深刻な問題でした。

ゴミ出しが有料だと「指定収集袋の購入」という余計な出費を抑える意識になり、結果的に燃えるゴミ・燃えないゴミの分別が促進されたり、スーパーで行っているペットボトルの回収サービスを利用する人が増えます。

また、ゴミの分別や減量に対して意識が高く努力している人と、そうでない人の間で不平等感が発生しますよね。ゴミを有料化すると、出るゴミが多い人ほど負担が増える仕組みになるので、公平性が担保されることになります。

毎日の努力でゴミを減らしていきましょう

まだまだゴミ出しが無料の自治体はたくさんありますが、いずれはすべての自治体で指定収集袋が導入されていくのではないでしょうか。ゴミ袋が高い! と嘆くよりも、ゴミを減らす努力をしていきましょう。

不必要なものは極力買わず、買い物のときはエコバッグを持参し、シャンプーなどは詰め替え用のものを選ぶ。こうした日々の努力がゴミの削減につながっていくのだと思います。

最新情報をチェックしよう!
Sponcerd Link