毎日の生活に役立つ情報を発信するサイト Lifeary

本当に痩せる?産後のダイエットに骨盤ガードルがおすすめの理由

どうして産後のダイエットに骨盤ガードルがいいの?

ダイエット効果があると聞き、骨盤ガードルを着用しようと考えている女性は少なくありません。

本当に骨盤ガードルの着用で痩せることができるのか気になりますよね。

骨盤ガードルを使った女性の口コミを見てみると、次のような意見がありました。

骨盤ガードルを使った女性の口コミ

  • 骨盤ガードルを着用してからポッコリお腹が凹んでいます。体重も少しずつ減っているのでこのまま使い続けるつもりです。
  • 劇的に体重が落ちるわけではありませんが、骨盤ガードルには多少なりとも痩せる効果はありそうです。
  • 骨盤ガードルでウエストを細くしてくびれを手に入れることができました。運動も併用してダイエットを続けていきます。

骨盤ガードルはあくまでも骨盤の歪みを補正する下着ですので、着用するだけで体重がみるみるうちに落ちていく効果はありません。

ですが、骨盤ガードルで痩せやすく太りにくい体質に導くことは十分にできます。

「何をしても痩せることができない」「産後太りを中々解消できない」と悩んでいる女性に、骨盤ガードルはおすすめのアイテムです。

Sponcerd Link

産後のダイエットに骨盤ガードルがおすすめの理由はこれ!

出産してから体重が増えて太りやすくなったりお腹にぜい肉がつきやすくなったりして、自分の体型に悩みを抱えている女性はたくさんいます。

個人差がありますので一概には説明できないものの、産後に太りやすい体質に変化した女性は意外にも多いのです。

なぜ産後の女性は太りやすくなるのか、考えられる原因をいくつか見ていきましょう。

産後のママが太りやすい原因

  • 骨盤の歪みで内臓の位置がズレて、血液の流れや代謝が悪くなりやすい
  • 妊娠中からの運動不足で筋力が低下し、何もしなくても消費されるエネルギーの基礎代謝が下がっている
  • 慣れない育児による睡眠不足やストレスが引き金になって食べ物を食べすぎてしまう
  • 女性ホルモンのバランスが崩れることでお腹や二の腕の脂肪が増えやすくなる

出産してママになっても、妊娠前のスラっとしたボディを維持したいですよね。

そこで、産後太りで悩んでいる女性には骨盤ガードルの使用をおすすめします。

このページでは、産後のダイエットに骨盤ガードルがおすすめの理由をまとめてみました。

骨盤の歪みを無理なく矯正できる

産後のダイエットに骨盤ガードルが向いているのは、骨盤の歪みを日々の生活の中で無理なく矯正できるからです。

下半身太りと一口に言っても、骨盤や背骨の歪みで次の3つのタイプに大きくわけられます。

下半身太り3つのタイプ

  1. 下腹ぽっこりタイプ
  2. ウエストずんどうタイプ
  3. 太ももどっしりタイプ

どのタイプの下半身太りにしても、骨盤が歪んでいると代謝が落ちて体重が減りにくい状態になりやすいので注意しないといけません。

骨盤ガードルで骨盤矯正をすれば体幹をしっかりと使えるようになりますので、今までのぜい肉が筋肉に変わって引き締まったボディを手に入れることができますよ。

骨盤ガードルの着用だけで痩せるのは難しいとしても、代謝が上がって痩せやすい体質になればダイエット効果も高まるのです。

女性が悩まされやすい便秘を解消できる

産後に骨盤が歪むと、次の理由で便秘の症状が引き起こされやすくなります。

  1. 内臓が正常な位置からズレやすい
  2. 腹圧がしっかりとかからなくなる
  3. 内臓の機能が低下して便秘になりやすい

女性は男性と比べてただでさえ便秘で悩まされやすいので気を付けないといけません。

※女性が便秘の症状を引き起こしやすい理由はこちらのページでも解説しています。▼

関連記事

「女性が便秘の症状で悩まされやすいのは、どうして?」 便秘とは排泄の回数が少なかったり排泄物がお腹に滞ったりする病気で、「吐き気」「腹痛」「苦痛」「残便感」と症状は様々です。 毎日便通があったとしても、何かしらの苦痛があれば便秘[…]

「中々痩せられない・・・」という女性は、便秘を疑ってみた方が良いでしょう。

便秘になって腸内で悪玉菌が発生すると、アンモニアや硫化水素などの有害物質が生み出されます。

その有害物質の影響で血行不良がむくみが生じ、ダイエットをしても中々結果が出ない状態になりやすいのです。

骨盤ガードルを使って骨盤の歪みや開きを矯正すると、内臓が正常な位置に戻って機能低下を防いで便秘が解消されていきます。

つまり、骨盤ガードルで便秘になりにくい体質を手に入れることで、間接的にダイエットの効果が上がりやすいのです。

産後の女性はホルモンバランスの乱れでも便秘を引き起こしやすいため、骨盤ガードルの着用や骨盤矯正エクササイズに取り組んでみてはいかがでしょうか。

無理な食事制限をしなくても良い

産後太りを解消したい女性の気持ちはわかりますが、無理な食事制限によるダイエットはNGです。

「食べなければ痩せられる」と考える方は多いものの、産後の女性が食事制限によるダイエットを行うと次の弊害があります。

  • 出産によるダメージがまだ回復していないため、体調を崩しやすくなる
  • 授乳する際に赤ちゃんが生きていくために必要な栄養素が不足しやすい
  • 慣れない育児と合わさって精神的なストレスを抱えやすくなる

産後は身体を回復させる重要な時期ですので、食事制限によるダイエットではなく骨盤ガードルで痩せやすい体質を目指すべきですね。

毎日の生活に骨盤ガードルを取り入れると、ダイエット効果のアップに加えて骨盤の歪みによる身体の不調やたるみなどの悩みを解消できます。

「どの骨盤ガードルを使えば良いの?」と悩んでいる方は、Dr.MediShape レギンスを選んでみましょう。

メディシェイプ

Dr.MediShape レギンスは累計販売数150万枚を突破した人気の骨盤ガードルで、人間工学に基づいて設計されたAPDテクノロジーで骨盤を360度全方位からサポートしてくれます。

Dr.MediShape レギンスで骨盤の歪みを矯正し、「お腹が出る」「お尻が大きくなる」「太ももが太くなる」といった悩みの改善を目指してみてください。

産後ダイエットはいつから始めれば良いの?

妊娠中に自分が想像していた以上に体重が増えて、産後ダイエットを考えている女性は少なくありません。

すぐに妊娠前の体型に戻したい気持ちはわかりますが、産後すぐにダイエットを始めるのはNGです。

産後の身体はまだまだデリケートな状態ですので、最低でも1ヵ月くらいはしっかりと身体を休ませて、

2ヵ月目~3ヵ月目くらいからスタートするのが良いです。

骨盤ガードルも下半身を締め付ける形になりますので、産後すぐではなく1ヵ月くらいが経過してから着用すべきです。

※骨盤ガードルを産後いつからいつまで履けば良いのかは、こちらのページで説明しています。▼

関連記事

産後のリフォームインナーは、骨盤ガードルや骨盤ショーツなど様々なタイプがあります。 どの製品を着用するにしても、出産で歪んだ骨盤を正しい位置に戻すサポートをしてくれるのが大きなメリットですね。 ※骨盤ガードルの着用によるメリット[…]

また、産後ダイエットの効果を高めたいのであれば、骨盤ガードルの着用以外のアプローチも同時に行いましょう。

骨盤ガードルを着用して骨盤の歪みを補正するとともに、軽いウォーキングやエクササイズで基礎代謝のアップを図ったり、バランスの良い食生活を送ったりすればダイエット効果はアップします。

上記の項目でも説明しましたが、

産後は無理な食事制限をせずに高タンパク質で低カロリーの和食中心のメニューを取り入れてみてください。

本当に痩せる?産後のダイエットに骨盤ガードルがおすすめの理由 まとめ

以上のように、骨盤ガードルはダイエットのサポートをしてくれますので、痩せたいと考えている産後の女性におすすめです。

体重を直接的に落とす効果はありませんが、骨盤ガードルの着用で骨盤の歪みを整えて痩せやすく太りにくい体質に導いてくれます。

産後太りの解消に加えて身体の様々な不調を和らげてくれますので、毎日の生活の中に骨盤ガードルを取り入れてみましょう。

最新情報をチェックしよう!
Sponcerd Link