毎日の生活に役立つ情報を発信するサイト Lifeary

骨盤ガードルは産後いつからいつまで履けば良い?

産後のリフォームインナーは、骨盤ガードルや骨盤ショーツなど様々なタイプがあります。

どの製品を着用するにしても、出産で歪んだ骨盤を正しい位置に戻すサポートをしてくれるのが大きなメリットですね。

※骨盤ガードルの着用によるメリットについてはこちらのページをチェック!

関連記事

骨盤ガードルは、身体の健康維持をサポートしてくれる女性用のアイテムです。 産後の女性のケアアイテムとして有名ですが、「本当に履いた方が良いの?」と疑問を抱えている方は少なくありません。 そこで、以下では骨盤ガードルを履くべき理由[…]

Sponcerd Link

骨盤ガードルは産後のいつから履けば良いの?

骨盤の矯正に良いとはわかっていても、「産後のいつから骨盤ガードルを履けば良いの?」と悩んでいる女性はいませんか?

骨盤の歪みの矯正は出産してから半年間程度が勝負だと考えられていますが、産後すぐに骨盤ガードルを履くのはNGです。

「乱れた体型を早く整えたい」という産後のママの気持ちはわかります。

ですが、産後すぐの状態は子宮のダメージが回復していないデリケートな時期。お産の後の血が混ざったおりものの悪露が出るのが何よりの証拠です。

個人差がありますので一概には説明できないものの、悪露は次のように変化していきます。

  • 0日~3日目は赤色で甘いような独特のニオイがある
  • 4日目~8日目はヘモグロビンが変色して褐色になる
  • 9日目~14日目は子宮内の剥離した上皮が混ざって黄色になる
  • 15日目~28日目は白く透明な分泌液になって次第に消失していく

悪露が終わる頃に体調が落ち着きますので、産後1ヵ月付近が骨盤ガードルを着用する目安ですよ。

早くて産後2週間から骨盤ガードルを履けますが、焦って着用する必要はありません。

骨盤ガードルはあくまでも骨盤の歪みの回復をサポートするインナーですので、着用時期が早ければ早いほど効果が高まるわけではないのです。

出産後に急いで骨盤ガードルを着用してウエストや腹部を締め付けると、腹痛や更なる出血を起こすリスクが高まります。

そのため、骨盤ガードルは産後1ヵ月を目安に、子宮の回復や悪露の状態、自分の体調を考慮して履いてみてください。

産後に骨盤矯正をしないとどうなるの?

「産後の骨盤矯正をしないと酷いことになる」といったわけではありません。

骨盤ガードルの着用やエクササイズをしなくても、オキシトシンというホルモンの影響で緩くなった靭帯が数ヵ月の期間をかけてゆっくりと元に戻ろうとします。

ですが、出産した後に正しい骨盤矯正をしないと次のリスクが高まりますので注意しましょう。

  • 骨盤から背骨の歪みが引き金になってありとあらゆる体調不良の原因になる
  • 骨盤が正しい位置に戻らずに開きっぱなしになると、腰痛や肩こりの症状が悪化しやすい
  • 下腹部にある内臓が正しい位置におさまらないと、便秘や尿漏れの原因になりやすい
  • 本来は圧迫されない部分が圧迫されて婦人科系トラブルの原因になりやすい

スタイルの悪化や健康被害のリスクがありますので、産後1ヵ月のタイミングで骨盤ガードルを着用した方が良いわけですね。

出産で疲れた身体を休めてコンディションを整えた後に、骨盤ガードルを履き始めると様々な悩みを解消できます。

Dr.MediShape レギンス

骨盤ガードルの選び方で悩んでいる女性には、最先端独自技術のAPDテクノロジーでむくみをスッキリサポートしてくれるDr.MediShape レギンスがおすすめ。

Dr.MediShape レギンスは全額返金保証制度が用意されていますので、初めての出産で骨盤ガードルを着用しようと考えている女性に向いています。

骨盤の傾きや開きを優しくサポートしてくれますので、是非一度Dr.MediShape レギンスを使ってみてください。

骨盤ガードルは産後いつまで履けば良いの?

骨盤ガードルは産後いつまで履けば良いのか気になるところですよね。

骨盤ガードルの終了時期に関しては明確な決まりはありませんが、産後6ヵ月を目安に着用し続けましょう。

産後6ヵ月まで骨盤ガードルを使った方が良いのは、この辺りから出産後の女性の体型が落ち着くのが理由です。

骨盤ガードルや骨盤ショーツなどのリフォームインナーは、産後の体型を整えて妊娠前の状態に戻す目的で使用します。

つまり、骨盤の歪みや下半身太りを解消し、妊娠前の体型に戻ったら骨盤ガードルの使用をやめる女性が多いようです。

ただし、産後に乱れた体型がどのくらいの期間で元の状態に戻るのかは、個人差がありますので注意しないといけません。

個人の体質によっては半年間の骨盤ガードルの着用で元に戻らないケースもありますので、産後1年間くらいまで使うのも選択肢の一つですよ。

産後1年くらいが経過すると、筋肉や靭帯は妊娠前と同じ状態になります。

自分の体型に合うサイズの骨盤ガードルであれば身体に負担が加わることはありませんので、身体の状態をこまめに確認しながら継続してみてください。

産後に骨盤ガードルを着用する上での注意点

産後にいつからいつまで骨盤ガードルを着用するとしても、下記の注意点をしっかりと把握してください。

骨盤ガードルを着用するときの注意点

  • ベルトを強く締め付け過ぎないようにする(締め付けが強いと気分が悪くなったり逆に血流が悪化したりする)
  • 一日中に渡って使用するのは避ける(適切な時間に適切な位置に装着することで効果が出る)
  • 使い続けて生地が傷んできたら新しい製品と取り替える

産後1ヵ月くらいから半年間、または1年くらいまで骨盤ガードルを使って骨盤を正しい位置に戻すと、歪みによるトラブルを大幅に回避できます。

骨盤ガードルは産後いつからいつまで履けば良い? まとめ

骨盤ガードルは産後いつから使えば良いのか、いつまで使い続けるのが理想なのかおわかり頂けたのではないでしょうか。

個人の体型や体質によって違いはありますが、どんなに早くても産後2週間(目安は産後1ヵ月)から骨盤ガードルを着用すべきです。

骨盤ガードルの着用をやめるタイミングは自由に決められますので、自分の体型と照らし合わせて考えてみてください。

最新情報をチェックしよう!
Sponcerd Link